FXで上手くトレードをして
資金を増やしていくには、
チャートの値動きを
ある程度予想していく必要があります。

特にデイトレードなど、
比較的短期のトレードスタイルの場合、
短期的な値動きを予想して
トレードをする必要が出てきます。

 

そこで今回は、
FXで短期的なチャートの動きを
効果的に予想する方法について
私の考えをお伝えしていきます。

 

短期的なチャートの動きを効果的に予想する方法とは?

“FXで短期的なチャートの動きを
効果的に予想する方法”

なんて大それたタイトルですが、
実は予想する方法は物凄く単純です。

 

例えば、下記画像は、
ドル円の1時間足チャートですが、
ここから今後の動きを予想しながら、
トレードシナリオを立ててみましょう。

 

まず最初に必ず確認するのが、

「全体の流れを見る」

ということです。

つまりトレンドのことです。

 

そこで、上記の画像を見ると、
高値と安値を切り下げているので、

「全体の流れは下」

というのがわかると思います。

 

その為、今現在の状態から
更に下げていく可能性があるので、
基本的に狙っていくのは
“売り”になります。

 

そうなると、次に考えるのが、

「どこで売っていくか?」

ということなのですが、
今の状態だと
かなり下げて伸びきった状態なので、
そろそろ戻りが入る可能性があります。

 

その為、売るのであれば、
レートが戻ってきてから売りたいところです。

よって、レートが戻ってきた後に
反転する場所を探すのですが、
この時に役立つのが
水平線を引くことですよね。

 

そこで、もう一度、
同じ画像を載せるので、
ラインを何本か引いて、

「この辺りで反転するかな~」

というのを考えてみてください。

 

どうでしょうか?

多分、比較的簡単ではないでしょうか?

 

因みに私の場合は、
以下のようにラインを引きます。

 

恐らくあなたも同じように
引いていると思います。

意識されそうな場所へ
ラインを3本引くだけでも
短期的な値動きの予想が
しやすくなりましたね。

 

因みに、
短期的な値動き予想をして
トレードをしていく場合は、
まずは今現在の位置から
直近の高安値と、
その一段階上下のレジサポに辺りに、
ラインを引くので十分です。

 

あんまり離れた位置に引いても、

「いつ、そのレートに来るの?」

っていうことになるので、
そこまで意味はないですからね。

 

では、意識されそうな場所へ
ラインを引いたら、
短期的な値動きの予想ができるので、
取るべき戦略がイメージできますよね。

あなたなら、
以下のチャートを見て、
どんな値動きを予想して
どのように売っていきますか?

 

どうでしょうか?

ここまで来たら、
特に難しい事はないですよね。

 

私であれば、
以下のような感じで
短期的な値動きを予想して
水色マル辺りで売りエントリーをしていきます。

 

多分、あなたも、
同じような予想を立てたと思います。

それでは、この後どうなったかを
以下のチャートで確認してみてください。

 

大体予想通りになっていますよね。

真ん中の赤ラインで売った場合は、
下げ幅が15pipsぐらいしかないので、
損切りになると思います。

ですが、それ以外の戻り売りだと
30pips以上下落したので、
短期的なデイトレードであれば、
利食いができると思います。

 

このような感じで
短期的な値動きを予想して
トレードをすればOKです。

 

どうでしたか?

何も難しい事はなく、
基本に沿ったトレードですよね。

 

“短期的な動きを効果的に予想する方法”

なんて言いましたが、
あまりにも基本に忠実過ぎて
拍子抜けだったと思います(笑)

ですが、こんな単純な予想であっても、
FXでは十分結果を出すことができます。

 

値動き予想ツールなどは使う必要はない

例えば、FX業者などが提供している、
値動き予想ツールみたいのがありますよね。

私個人の意見としては、
あのようなツールは
使う必要はないと考えています。

 

なぜなら、
あのようなツールに頼ってしまうと、
自分で考えることをしなくなるので、
FXトレーダーとしての成長を
阻害するからです。

しかも、値動き予想ツールとはいえ、
あくまでも”予想”なので、
絶対に当たるとは限りません。

 

大体あのようなツールは、
過去のチャートの形と照らし合わせて
未来の短期的な値動きを予想しています。

しかし、
あくまでも形だけを照らし合わせていて、
時期や時間帯などは
考慮されていないことがほとんどです。

 

これだと正直なところ、
精度は落ちます。

なぜなら、FXでは、
時期や時間帯によって
ボラティリティが変わるからです。

 

例えば、ボラティリティの高い
1~3月のチャートと、
ボラティリティの低い、
7~8月のチャートでは
形が同じだったとしても、
動き方は全然変わってきます。

そうなると、
予想ツールによる値動き予想の
精度が落ちるのは
何となく想像できると思います。

 

ですから、値動き予想ツールなどは
使う必要はないと私は考えています。

それであれば、
自分でチャートを読む訓練をして
その場のボラティリティや雰囲気から
短期的な値動きを予想していった方が
はるかに精度は高くなりますから。

 

因みに、チャートの読み方について、
このブログでは色々と書いています。

その為、もしチャートを読む力を
付けたい場合は、
以下の記事達も読んでみてください。
FXでトレードを安定させるにはチャートの横軸も確認せよ!

チャートパターンは覚えてもあまり意味がない?その理由とは?

チャートの動きから読む!FXでの買いと売りの違いとは?

 

基礎的な技術の習得も必要

短期的なチャートを
効果的に予想するには
特段難しいことをする必要はありません。

 

ですが、このような場合でも

・全体の流れを読む
・反転しやすい場所を見つける

といった、
基本的なトレード技術の習得が
必須になってきます。

 

むしろ、
これらがちゃんとできて初めて
短期的なチャートを
効果的に予想する事ができ、
それを実践に活かせるのです。

 

チャートの予想を
あまり上手くできない人の場合、
基本的なトレード技術が
足りてない事が実はけっこうあります。

 

実際に昔の私自身も
FX歴が3年以上あるのに
チャートの値動きを
上手く予想できませんでした。

その時に、
再度基本的なことを
勉強し直したところ
少しずつ上手くいくようになって
今のような状態まで持ってこれました。

 

その為、チャートの予想が
あまり上手くいかない場合は
基本的な部分にも
再度目を向けてみるといいかもしれません。

基礎からやり直すのも
新しい気づきがあったりするので
上手くいかない時にこれをやるのは
個人的にオススメです。

 

もし、基本的なトレード技術について
再確認したい場合は、
以下の記事も参考にしてみてください。
FXの効果的な勉強方法とは?まずやるべき事は環境認識から!

効果的な水平線を引く際のちょっとしたコツとは?

 

まとめ

今回は、

“短期的な値動きを
効果的に予想する方法”

なんて何か秘密があるような
言い方をしましたが、
実際は物凄く単純でしたよね?

 

「FXで勝つには予知のような
特別な力が必要なのでは?」

なんて思うかもしれませんが、
そんなことは全くありません。

 

むしろ、基本に沿って
シンプルに考えるからこそ、
値動きの予想がしやすくなり、
精度も上がるのです。

 

ですから、
チャートの短期的な値動きを
上手く予想できずに悩んでいるなら、

・全体の流れを把握する
・直近のサポレジにラインを引く

といったように、
一度基本に立ち戻って
値動きを予想してみると、
意外に上手くいくと思います。

 

逆に、楽をしようとして
値動き予想ツールに頼ったり、
複雑に色々と考えたりすると、
迷走することになるので、
その辺りは注意するようにしましょう。

 


P.S. メルマガを始めました

大衆心理を中心に、
FXで勝つ為のコツをお伝えしていきます。

「FX歴が長いけど勝てない」
という方には特におススメです。

FX初心者用のメルマガも用意しているので、
"何から勉強すればわからない"
という場合にもオススメです。

メルマガの詳細内容はコチラ


登録はもちろん無料で、
解除もワンクリックで出来ます。