FXには両建てという方法がありますよね。

買いポジションと売り時ポジションを
両方同時に持つ方法です。

あれは失敗するだけなので、
やらない方がいいです。

 

では、なぜFXで両建てをすると
失敗しやすいのでしょうか?

その理由をお伝えしていきます。

 

両建てをする理由は損切りができないから

基本的に両建てをする人というのは、
“損切りができないからする”
という理由がもっとも多いです。

両建ては例えば、
買いでエントリーして逆行したら、
損失の拡大を防ぐために、
同じロット数で売りポジションを持ちます。

 

こうすることで、
買いポジションが
-10pipsの含み損を抱えても、
そこで売りポジションを持てば、
更にレートが下がったとしても、
売りポジションが利益になるので、
損失が-10pipsで抑えられるわけです。

 

そして、
売りポジションに利益が出たら、
それを決済して利食い。

更に利食いした場所から反転して、
買いポジションが建値まで戻ったら、
それも決済する。

 

これによって、
買いポジションは損失ゼロで、
売りポジションは利食い。

結局トータルプラスで終わるという、
魔法の手法が両建てです。

 

このようなことを聞くと、
一見、両建てをすれば、

「損切りせずに済むんじゃないか?」

なんて感じてしまうのですが、
実際はそう上手くはいきません。

 

ほとんどの場合、
両建てなんてしても失敗します。

「損失の拡大を防ぐ」
なんて聞こえは良いですが、
実際は損失を拡大させるだけです。

 

FXで両建てを上手く使えば、
確かに損切りせずに済みますが、
それを毎回行うには、
物凄い相場観が必要です。

だって、両建てをして勝つって事は、
「反転の場所がわかる」
っていう事になりますよね。

 

毎回、両建てばかりして、
反転する場所がわかって勝てるなら、
別に両建てする必要なんてないですよね?

それだったら両建てなんてせずに、
反転する場所だけでエントリーした方が、
含み損に耐えるストレスも無いし、
FXで簡単に勝てますよね。

 

もちろん、両建てを
上手く使いこなしてる人もいますが、
ほとんどの人が、

「損切りできない」

という理由で、
無計画に両建てをして、
失敗しているのがわかると思います。

 

このことを考えると、
FXで両建てなんてする意味あるの?
なんて思ってしまいます。

「両建てすれば損切りしなくて済む」

なんて人がいますが、
そういう人のトレードを見ていると、
最後は必ず失敗して大損しています。

 

両建てをすると実は損失が拡大する

両建てって一見すると、
確かに含み損の拡大を
食い止めてるように見えるんですけど、
実は含み損が拡大しているのです

 

なぜなら、
FXにはスプレッドがあるからです。

FXのスプレッドは手数料みたいなもので、
エントリーした瞬間に、
スプレッド分の含み損から始まりますよね。

 

だから、いくら両建てをして、

「損失拡大を防げば失敗しない!」

なんて思っていても、
実は両建てを繰り返していく内に、
徐々にスプレッド分の損失が
積み上がっていくのです。

 

そうなると、
結局最後は損失分だけが残って、
両建てが失敗に終わるのです。

 

FXで両建てをしてる人は、
この事に気付いていないので、

「両建てをすれば損をしなくて済む!」

なんて思い込んでしまいます。

 

また、FXにはスワップがあるので、
日をまたいでポジションを持っていると、
金利手数料を持っていかれます。

このスワップは、
必ずと言っていいほど、
両建てをしてもマイナス金利になります。

だから、両建てで長期保有すればするほど、
スワップ分の損失も拡大していきます。

 

全てで勝とうとするから失敗する

両建てをする人って、
1回1回のトレードに固執して
全てで勝とうと考えている事が多いです。

しかし、
FXはどう動くかわからない
ランダムな世界なので
全て勝つことは非常に困難です。

 

私からすれば、
不可能と言ってもいいほどです。

それに、FXをする目的は、
お金を増やすことが目的なので、
負けトレードが出ても、
トータルでプラスにすればいいのです。

 

しかも、FXで稼ぎ続けるには、
勝率はそこまで重要ではありません。

極端な話、FXの世界では、
勝率がたったの30%でも、
リスクリワードが1:3以上あれば、
トータルでプラスになります。

 

例えば、勝率30%で、

・利食い:+100pips
・損切り:-30pips

という手法を使うとしましょう。

 

そしてこの手法で
100回トレードをしたとすると、
理論上は、

・利食い:+3,000pips
・損切り:-2,100pips

となるので、
合計で+900pipsになります。

 

この結果を見ると、
全てのトレードで
勝つ必要なんてどこにもないのです。

トータルプラスになって
お金さえ増えていればいいわけですから。

 

それにFXで勝てていない人が、
変に損失を回避しようとして
両建てなんてしても、
ほぼ100%の確率で失敗するので、
やるだけ資金を失うだけです。

 

両建てを使っても勝てることは勝てる

私の中では、
FXのトレードで両建てを使っても
勝つことは難しいと考えています。

 

しかし、FXではどんな手法でも
自分にさえ合っていれば
安定した結果を出す事はできます。

もちろん、両建てを使ってもです。

 

ですから、両建てを使っても
勝てることは勝てます。

それでも、私の経験上、
両建てを使って
安定的に結果を出すのは
かなり高度な相場観と
テクニックが必要です。

 

その為、
まずは普通のトレードを
勉強していった方が
結果が出るのは早いと考えています。

 

実際に私自身も
昔、両建てをやってみたのですが
上手くいかずに基本に立ち戻って
普通のトレードを勉強しなおしました。

そしたら、そっちの方が
シンプルで簡単だったので
結局、今の単純の押し目買いや
戻り売りの手法に落ち着きました。

関連記事:FXは簡単な手法で本当に勝てる?リアルな結果をお見せします

 

FXで結果を出せるようにするには?

両建てをせずに
FXで結果を出せるようにするには、
まずは徹底的に検証をして
自分の手法を確立することです。

 

両建てをしてしまう人というのは
自分のトレードルールが曖昧なので、

「損切りした後に戻るんじゃないか?」

なんて思いこんでしまい、
損切りできずに両建てをする傾向があります。

 

だから、まずは検証をして、

「この手法ならトータルで勝てる」

という自信をつけることが必要です。

 

そうすれば、
損切りをしたとしても、
トータルでプラスになることが
わかっているので、
変に両建てをして
失敗することもなくなります。

 

もし、検証方法がわからない場合は、
以下の記事も参考にしてみてください。
FXで勝てる手法を作れる具体的な検証方法とは?

 

逆に、手法自体を

“どう作ればいいかわからない”

という場合は、
以下の記事も参考にしてみてください。
勝てるFX手法のルール作りはどうやればいい?実は意外に簡単!

手法の作り方の一例を
この記事では紹介しています。

 

まとめ

今回は、FXで両建てをしても
失敗する理由について
私の考えをお伝えしてきました。

 

基本的に両建てをする場合、
物凄い相場観が良くない限り、
上手くいくことはありません。

むしろ、
スプレッドやスワップによって、
損失を拡大させるだけでしょう。

 

それに、相場観が良いのであれば、
わざわざ両建てをする必要がないので、
両建てをすること自体、
“あまり効果的でない”
ということを覚えておきましょう。

 

その為、変に両建てをして
損切りを回避しようとするのではなく、
自分の手法を確立して
トータルでプラスになるような
トレードをしていきましょう。

そうすることで、
FXでの余計な失敗が減り、
安定した結果を出すことができるでしょう。

 


P.S. メルマガを始めました

大衆心理を中心に、
FXで勝つ為のコツをお伝えしていきます。

「FX歴が長いけど勝てない」
という方には特におススメです。

FX初心者用のメルマガも用意しているので、
"何から勉強すればわからない"
という場合にもオススメです。

メルマガの詳細内容はコチラ


登録はもちろん無料で、
解除もワンクリックで出来ます。