自分がFXで勝てていない状態で、
デイトレードで勝っている人を見ると、

「才能あるな~」
「俺は才能ないから勝てないんだな」

なんて考える事があるのですが、
はっきり言って・・・

デイトレに才能なんていらない

と断言できます。

 

もし、デイトレードに才能が必要なら、
私は300%の確率で、
FXで結果が出ていないでしょう。

才能に関して言えば、
私の場合、下の下ですからね(笑)

 

確かに、

“相場を敏感に感じ取る力がある”
“記憶力が圧倒的に良い”

といった才能があれば、
あるに越したことはないですが、
ぶっちゃけそんなのは、
練習でどうにでもなります。

 

毎日チャートを真剣に見たり、
検証しまくったりしていれば、
チャートの形が脳裏に焼き付いて
自然とローソク足の勢いを
感じる力が付いてきます。

 

デイトレは単純な手法でも十分結果は出る

デイトレで結果を出している人を見ると、

「どんな手法なんだろう・・・」

なんて知りたくなってしまいますが、
普通に単純な手法でも結果は出ます。

 

むしろ単純な手法の方が
再現性が高いので、
長期的に安定して使えます。

 

例えば、今日のトレードなのですが、
私は下記画像の黄色マルでエントリーして、
水色マルで利食いをしました。

 

どうです?

ドル円の15分足で、
デイトレードをしたのですが、
超単純なエントリーですよね?

単なる戻り売りです。

こんなので普通に勝てるんですよ。
才能なんて必要ないんです。

 

このデイトレードですが、
朝起きてパッとチャートを見た瞬間、

「赤ラインまで戻ってきたら売ろう」

と考えてました。

 

 

じゃあ、何でそこで売ろうと思ったのか?

という事になるのですが、
これは赤ライン近辺で買った人と、
売りたい人の気持ちを考えれば、
その理由がわかります。

 

まず全体の流れとしては、
上昇トレンドになっていますよね。

15分足で見ると、ダウ理論に沿った、
キレイな高安切り上げです。

だから基本的に目線は買い目線で、
実際に買っている人や、
買おうとしている人が多い状態です。

 

となると、押し目買い候補になるのが、
下記画像の黄色マルになりますよね。

 

しかも実際に黄色マルで反発しているので、
押し目買いが入っている証拠です。

ただ、セオリーどおりなら、
黄色マルから高値更新をする動きに
なってもいいはずです。

 

でも実際は、一旦反発するも、
そこから高値更新をする動きにはならずに、
すぐに下げてしまい、
しかも強く赤ラインを
下抜けしていますよね。

 

この「赤ラインを強く下抜け」
というのが今回のポイントです。

ここで”赤ライン近辺で買っている人達”
これらの人達の気持ちを考えてみましょう。

ここからは才能ではなく、
客観的事実を元に見ていきますからね。

 

まず赤ライン近辺では、
多くの人達が買っています。

例えば、下記画像の黄色マル辺りですね。

 

しかし、3つ目の黄色マルで、
強く赤ラインを下抜けて、
そのまま大きく下がっていますよね。

この時に、黄色マル付近で買った人達は、
“とある状態”に陥っているのですが、
それはどんな状態かわかりますか?

ポイントは”強く赤ラインを下抜けた”
という事実です。

 

 

どうでしょうか?

 

 

とある状態が何かわかりましたか?

答えは物凄く単純です。

これを読み解くのに才能なんていらず、
相場参加者の心理を考えるだけで十分です。

 

では、早速いきましょう。

まず、上昇の流れが出ているので、
赤ライン付近で、押し目買いをしている、
多くのデイトレーダーがいますよね。

 

その赤ライン近辺で、
急に強く下げられると、

「ヤバ!損切りしなきゃ!」

と思うのですが、
急落することですぐに損切りできずに、
思考停止状態になって様子見してしまう。

もしくは、「一回リバするかも」
なんて思って様子見をしてしまうんです。

 

でも、結局リバウンドせずに、
そのまま下がり続けていますよね。

 

こうなってしまうと、
赤ライン近辺でデイトレードをして、
買いポジションを持っている人達は、

「ヤベーな・・・」
「損切りできなかった」
「マジでどうすっかなー」

なんて思って、
そのまま放置するわけです。

 

ところが、そのまま放置していたら、
なんとレートが
戻ってきたではありませんか!

 

こんな時に含み損で捕まっている、
デイトレーダー達が感じることは・・・

「うおー!戻ってきた!」
「助かったー!神様ありがとー!!」

という安堵の気持ちです。

 

そうなると、買っている人達は、

「今の内にプラマイゼロで逃げよう!」

と判断して、建値決済、
もしくは微損で決済をしてきます。

 

ということはですよ、

買いポジションの決済=売り

ということになるので、
赤ライン近辺から、
下げる原因になりますよね。

 

更に赤ライン付近を強く下抜けたことで、

「一旦、買い相場は終わったな」

と思った人達も、この事を利用して、
赤ライン近辺で
新規の戻り売りをしてきます。

 

そうなると、

買いの決済+新規売り

というダブルの売り圧力が働いて、
赤ラインから下げるきっかけになるのです。

 

私の売りエントリーも、
この事を利用したエントリーです。

 

以上が、
私が今日トレードした根拠なのですが、
どうでしたでしょうか?

才能にあふれた、
誰にもできないトレードでしたか?

 

あまりにも普通過ぎますよね(笑)

でも、こんなトレードでも
安定した結果は出せます。

 

チャートは人間の心理で作られているので、
単純に買った人や、
売りたい人の気持ちを考えながら、
チャートを読んでいけば良いだけなのです。

 

だから、デイトレードをする時には、
才能なんて必要はなく、
順を追って理論的に考えるだけで
FXで十分結果は出せるのです。

もちろん、
安定した結果を出すためには、
圧倒的な検証と訓練は必要ですが。

 

仮にデイトレで結果を出す為に
必要な才能があるとしたら、
諦めずに練習し続ける事でしょうか。

ただ、これも、
FXで稼ぎたい強い理由があれば、
諦めることはないと思うので、
才能とは少し違う気もしますね。

関連記事:FXは簡単な手法で本当に勝てる?リアルな結果をお見せします

 

勝ち癖を付けることがポイント

デイトレで安定した結果を出すには、
才能は必要なく、それよりも、
勝ち癖を付けることが重要です。

 

じゃあ、その勝ち癖って
どうやって身につけるの?

なんて思うかもしれません。

 

そうなるには、
検証と実践をひたすら繰り返すだけです。

 

まず、徹底的に検証をして、
自分のデイトレ手法を作り上げます。

そして、その手法を使って
実践を行っていくと、

・上手くいく点
・上手くいかなかった点

というのが出てきます。

 

そこから、これらの点を見返して、

・エントリーポイント
・利食いと損切り幅

といった点を調整して
再度トレードを行います。

 

それでもダメだった場合は、
トレードデータを元に
再度検証をしていき、
手法が完成したら
また実践へ戻っていきます。

 

このような感じで、
実践と検証を繰り返していくと、
少しずつ自分の中に
勝ちパターンが蓄積していき、
自分だけのオリジナルの
デイトレスタイルが完成します。

そしてこれが
安定したトレード結果につながり、
勝ち癖が付いていくのです。

 

だから、デイトレで
安定した結果を出したいなら
まずは徹底的に検証をしましょう。

もし検証の仕方がわからない場合は、
以下の記事も参考にしてみてください。
FXで勝てる手法を作れる具体的な検証方法とは?

 

デイトレをする際の時間軸

デイトレには才能は必要なく、
検証と実践を繰り返せば
安定したトレード結果を出せるでしょう。

 

ただし、
才能が必要ないことはわかったけど、

“どの時間軸で
デイトレをするのがいいのか?”

なんて考えることもありますよね。

 

そこで、
私が個人的にオススメなのが、
15分足のデイトレになります。

 

なぜなら、このぐらいの時間軸だと、

・勝率が比較的高い
・トレード回数が1日1~2回
・冷静にトレードができる
・損小利大のトレードができる

といったメリットがあるので、
全ての面でちょうどいいからです。

 

また、このぐらいの時間軸なら、

・トレード回数が多すぎる
・トレード回数が少なすぎる

といったことがほとんどないので、
トレードの経験値も
ちょうどいいペースで積めます。

 

その為、私個人としては、
デイトレをするなら、
15分足がやりやすいと考えています。

15分足のデイトレについて、
特徴を更に詳しく説明しているので、
興味があれば、
以下の記事も参考にしてみてください。
FXでデイトレをするなら15分足の手法が一番やりやすい!

 

FX初心者は1時間足以上のデイトレがオススメ

個人的にはデイトレをするのであれば、
15分足のデイトレがオススメですが、
FX初心者の場合は、
1時間足以上のデイトレがオススメです。

 

なぜなら、FX初心者の場合、

・トレンドの判断力が弱い
・効果的な水平線が引けない
・ポジポジ病などに掛かりやすい
・損小利大のトレードができない

といったように、
FXに対する知識が不足していたり、
損失に対する免疫が弱いので、
悪い癖が付きやすいからです。

 

その為、1時間足以上のデイトレで、

・全体の流れを読む力をつける
・効果的な水平線引けるようになる
・冷静にトレードをする癖をつける
・損小利大のトレードをできるようにする

といったことを学んで
トレードの基礎を身につけると
効率的に結果を出せるトレーダーへ
変貌することができるでしょう。

 

私も、1,000万以上の損失を出して
ボロカスに負けていた時に
FXで安定した結果を
出すきっかけとなったのが、
4時間足のデイトレでした。

そして、結果が安定したら、
15分足のデイトレに移行しました。

 

だから、FX初心者や、
ポジポジ病が癖になっている場合は、
1時間足以上のデイトレなら、
安定したトレードをするための
きっかけをつかめると思います。

一応、4時間足のデイトレについても、
特徴をまとめてみたので、
1時間足以上のデイトレに興味があれば、
以下の記事も参考にしてみてください。
4時間足のデイトレがFXで勝てるきっかけになった!

 

まとめ

FXで勝てるようになるには、
才能は必要ないと思います。

 

もちろん、
あるに越したことはないですが、
検証や訓練を徹底的にすれば、

「こうやったら上手くいく」

といったことが
意識に刷り込まれるので、
こうなってしまえば、
トレードは安定していきます。

 

だからまずは検証をして、
自分の手法を確立させてから
実践へ移行するようにしましょう。

そして、実践結果から
再度調整や検証をしていくようにすれば、
圧倒的な金額を稼ぐための技術が
あなたの手に入るでしょう。

 

すでに自分の手法ができているけど、

「どうもエントリー精度が悪い」

という場合は、
私のトレード例でお伝えした
相場参加者の心理を読む訓練をすると、
トレード精度がアップするかもしれません。

 

もし、相場参加者の心理を
読めるようになりたい場合は、
以下の記事も参考にしてみてください。
FXでも相手の気持ちを考える事が重要です

 


P.S. メルマガを始めました

大衆心理を中心に、
FXで勝つ為のコツをお伝えしていきます。

「FX歴が長いけど勝てない」
という方には特におススメです。

FX初心者用のメルマガも用意しているので、
"何から勉強すればわからない"
という場合にもオススメです。

メルマガの詳細内容はコチラ


登録はもちろん無料で、
解除もワンクリックで出来ます。