海外のFX業者といえば、

・ハイレバレッジ
・追証なし
・入金ボーナス

といった事がメリットにあるので、
トレードをする上では、
色々と便利な面が多いです。

 

ただし、その反面、

・出金拒否の可能性がある
・日本語サポートがない事がある

といったように、
少しリスキーな部分もあります。

 

だから、海外のFX業者は、
本当に安全なのか、
心配になる部分もありますよね。

 

そこで今回は、私の実体験から、
海外のFX業者は安全なのか?
といった事をお伝えしていきます。

 

登録ライセンスの有無によって安全度は違う?

FX業者の場合、業者を立ち上げた国で、

「FXの事業をやってもいいよ」

という認可が下りると、
ライセンスをもらえます。

 

日本のFX業者であれば、
金融庁になるでしょう。

だから、ライセンスがあれば、
“その海外のFX業者は安全”
と思うかもしれませんが、
実際はそうでもないかな?
というのが個人的な意見です。

 

確かに、”ライセンスを受けている”
ということは、
ある程度の資本がある証拠なので、
無許可の海外のFX業者に比べれば、
安全だと思います。

だからといって、そのFX業者が、
絶対に潰れないわけではないので、
潰れてしまえば安全もクソもないわけです。

 

今はどんな大企業であれ、
普通に潰れる時代です。

リーマンショックなんかが良い例です。

その為、ライセンスがあるからといって、
絶対に安全という訳ではないので、
その辺りは過信し過ぎない方が良いでしょう。

 

それでもないよりかは良いことは確かなので、
ザッと確認はしておきましょう。

 

信託保全があるかどうか

信託保全とは、
顧客の資金を別に管理していて、
万が一、FX業者が潰れても、
「顧客の資金は保証されるよ」
といった制度です。

 

日本のFX業者の場合は、
これが義務付けられているのですが、
海外のFX業者の場合は、
義務付けられているわけではありません。

だから、信託保全がある
海外のFX業者なら安全といえば安全ですが、
これも絶対安全とは言えません。

 

なぜなら、いくら信託保全があるとはいえ、
仮に使っている海外のFX業者が潰れたら、

「明日すぐに資金を返します」

といった事は基本的にないでしょう。

 

会社が潰れた場合、
債務整理や資産整理などが
優先されて、顧客への返金は
後回しになることがほとんどでしょう。

しかも、このような整理も、
1~2週間で終わるようなものではなく、
数ヶ月~1年掛かることも普通にあります。

 

そうなると、その間は、
資金が返ってこないわけなので、
気が休まることはないですよね。

しかも、海外のFX業者は
日本のFX業者に比べると
キッチリしていないので
最悪そのまま放置される事もあります。

 

だからといって、
相手は海外にいるので
現地まで行って請求することも
現実的には難しいわけです。

行っても、
恐らくもぬけの殻だろうし。

よって、信託保全があるからといって、
絶対に安全安心な訳ではないと思います。

 

資本力があるかどうか

資本力については、
海外のFX業者に限らず、
国内のFX業者でも重要です。

やはり、資本力があるかないかで、
潰れやすさが決まりますからね。

 

特に海外のFX業者の場合、
“ゼロカット”という、
追証がないシステムがあります。

 

これは、万が一、暴落などによって、
予想を超える損失を出して、
FX業者に借金を背負った場合でも、
その借金をチャラにしてくれる制度です。

関連記事:海外のFX業者の0カットとは?これぞ究極のシステム!?

 

この制度は、国内のFX業者にはなく、
海外のFX業者を使う上で、
一番のメリットとも言えるくらいです。

 

ただ、借金を背負った場合、
この損失はFX業者が補填しているので、
こうなると、やはり資本がある
海外のFX業者の方が安全ですよね。

それに、資本がある方が、
潰れにくいというのもあるので、
これに関しては、
それなりに重要だと思います。

 

実際に2015年に
スイスショックが起きた際に
ゼロカットで
顧客のマイナス分を補填した業者が
そのまま潰れたことがありました。

このことからも、
資本金があるFX業者は
そうでない業者と比べると
安全度が高いですね。

 

因みに、海外のFX業者の場合、
資本を発表している業者は少ないです。

だから、実際のところ、
どうなのかはわかりません。

 

それでも、大手の海外のFX業者で、

・iForex
・XM

このFX業者が資本を公開していますが、

・iForex:約1,500万ドル
・XM:約3億5,000万ドル

となっているようです。

 

XMがずば抜けて資本は多いですね。

日本のFX業者だと、
大手のGMOが43億円ぐらいなので、
それに比べると、XMの場合は、
300億円以上あるので、
これを考えると、XMはスゴイですね。

 

ということは、海外のFX業者を使うなら、
XMを使っておけば、
比較的安全度は高いでしょう。

 

絶対に安全なFX業者は存在しない

国内、海外のFX業者問わず、
絶対に安全なFX業者は存在しません。

これはFX業者に限らず、
どんな業界の会社に言えることですよね。

 

特にFXの場合、金銭的リスクを
常に負いながらトレードをしていきます。

だから、FXをやる上で、
“安全という事はありえない”
と考えておくべきです。

 

その為、FXをやるにしても、
資金は余裕資金で行い、
FX業者に預ける金額も、
出来る限り少なくすべきです。

海外のFX業者なら、
レバレッジが高いので、
少額からでも十分過ぎるほど、
大きなロットでトレードができます。

 

この事を考えても、
自分で資金管理をしっかりして、
FXをしていく事こそが、
一番安全だったりします。

 

海外のFX業者を使うなら大手が良い

海外のFX業者に限らず、
FXをやる上で、
安全な事はないと考えるべきです。

 

この事を頭に入れた上で、
海外のFX業者を使うのであれば、
その中でも比較的安全なのが、
やはり大手の海外のFX業者になるでしょう。

 

有名どころで言うと、

・XM
・Gemforex
・FXDD
・Land-FX
・Titan FX
・iForex

といったところでしょうか。

 

私は昔はFXDDを良く使っていましたが、
今はレバレッジや追証ナシなどから、
XMとGemoforexを使っています。

 

それに、大手のFX業者であれば、

・出金拒否のリスクが極めて少ない
・日本語サポートがある

といったメリットもあるので、
このような面からも、
大手の海外のFX業者なら、
比較的安全に利用できると思います。

 

逆にマイナーな海外FX業者だと、

・システムが弱い
・約定力が弱い
・日本語サポートがない
・出金拒否の可能性がある

といったことがあるので、
安全性はかなり劣ります。

関連記事:海外の優良なFX業者はどんなFX業者?実体験から考えてみた

 

因みに、XMとGemforexを
私は使っているわけですが、
今の所出金拒否をされたことはありません。

もし、これらの業者について、
もう少し詳しく知りたい場合は、
以下の記事を読んでみてください。
海外のFX業者を利用する際の使いやすい業者は?

 

まとめ

今回は、海外のFX業者は、
本当に安全なのか?
といった事をお伝えしてきました。

 

今まで私は海外のFX業者を
30社以上使ってきました。

そしてその中でも
潰れたFX業者もありました。

 

色々使ってみてわかったことは、
“絶対に安全なFX業者は存在しない”
ということでした。

だから、海外のFX業者を使う場合は、
この事を頭に入れて使うようにしましょう。

 

これを頭に入れた上で、
比較的安全性が高いのが、
大手の海外のFX業者でしょう。

ただし、FXをやるなら、
常にリスクは付きものなので、
その辺りは必ず頭に入れておきましょう。

 


P.S. メルマガを始めました

大衆心理を中心に、
FXで勝つ為のコツをお伝えしていきます。

「FX歴が長いけど勝てない」
という方には特におススメです。

FX初心者用のメルマガも用意しているので、
"何から勉強すればわからない"
という場合にもオススメです。

メルマガの詳細内容はコチラ


登録はもちろん無料で、
解除もワンクリックで出来ます。