それでは今回は、
FXチャート練習問題3として、
大衆心理から、
チャートの動きを読んでいきましょう。

このチャート練習問題は、
今回の3回目で最後です。

 

もし、1回目と2回目を
まだ読んでいない場合は、
まずは以下の記事から読んでいくと、
より大衆心理の理解度が深まるでしょう。

FXチャート練習問題1 大衆心理がどう働いていると思う?
FXチャート練習問題2 大衆心理がどう働いていると思う?

 

では、今回のチャート練習問題は、
下記画像の赤枠の箇所になります。

 

この赤枠で、

 

下落はなぜ起きたのか?

 

ということを
大衆心理を使って
考えてみましょう。

 

 

前回、前々回と同じように、
まずはなぜ下落が起きたのかを
しっかり考えてみてください。

そして、自分の中で考えが固まったら、
下記での説明と照らし合わせてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

どうでしょうか?

ちゃんと考えていますか?

すぐに答えを
見ようとしてはダメですよ(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、私の考えを
ここからお伝えしていきますね。

 

まず、下記画像の黄色枠について、
簡単におさらいしていきましょう。

 

最初に、一番左の黄色枠での下落理由は、
高値更新すると見せかけて、
しなかったことでダマシが起きて、
大きく下落しました。

 

そして、2つ目の黄色枠では、
1回目の大きな下落後、
上昇トレンドなので
押し目買いが入るも、
上昇の勢いが続かず下落しました。

要するに短期的なトレンド転換です。

 

このような流れから、
今回のFXチャート練習問題3の
本題に入っていきます。

 

まず、上記画像の黄色枠で下げるのですが、
ここでも、”まだ上昇トレンド”
と見ている相場参加者が多いため、
下記のチャート画像のように、
赤ラインの水平線が引け、
黄色マルから押し目買いが入ってきます。

 

そして、そのまま上昇していき、
2回目の下落が起きた起点に到達します。

 

この時に働く心理としては、
買っている人達からすると、

「このまま上昇して高値更新しろ!」
「でも、1回上昇が抑えられているから、
ダメだったらすぐに逃げよう」

といったように、
少し弱気な状態なのです。

 

更に売り側の心理としては、
短期的なトレンド転換に加えて、
高安値を切り下げているので、

「もし水色枠を上に抜けれなかったら売ってやろう」

と虎視眈々と売りを狙っています。

 

そして次のローソク足を見ると、
以下のように、
前のローソク足を全否定するような
陰線が出現しました。

 

この全否定の陰線によって、
買っている人達は、

「うわーマジかー」
「これ下がるかも・・・」

と不安になって、
少しずつ決済をし始めます。

 

これに加えて売りたい人達も、

「お、全否定の陰線が出た!」
「そろそろ下がりそうだ」

と考えて、
少しずつ新規売りを入れてきます。

 

ここからもう少しローソク足を進めると、
更に下落が続きます。

 

この動きを見て、
買っている人達は、

「ヤバイ!マジでダメかも!」

と更に不安になるので、
決済がますます出てきます。

 

また、売り側も、

「お、これは多分下に行くな」

と、ますます自信を持って、
新規売りを入れてきます。

 

あとは下落していくにつれて、
この心理がどんどん強くなるので、
多少の反発が入っても、
売り側のエサとなるだけです。

 

そしてついに、
サポートラインを下抜けることで、
買っている人達は、

「もうダメだ・・・」

と判断して損切りをしてきます。

 

更に、サポートライン下抜けで、
新規のブレイク売りも入ってくるので、
下げが加速していくのです。

 

このような心理が働いて、
冒頭で見せたチャート画像の
赤枠で下落が起きるのです。

 

以上で、
FXチャート練習問題第3弾も終了です。

 

どうでしたでしょうか?

第1弾、第2弾と読んでいただいたなら、
第3弾は今回説明したような
大衆心理の読み方が
少しはできたと思います。

 

もしできなかったとしても、
伸びしろがある証拠なので、
何の問題もありません。

ここから訓練していけばいいだけですから。

 

練習問題1から読んでいくと、
強気だった買いが、
段々と弱気になっていく姿が
ハッキリとわかりますよね。

 

このように、FXのチャートは、
左側の流れから順に、
相場参加者の心理を考えていくと、

「次にどっちへ動きやすいのか?」

といったことを予測することができます。

 

だから、大衆心理を
読めるようになることで、
トレードの精度を上げることが可能なので、
今回の問題をきっかけに、
少しでも興味が沸いたら、
是非、大衆心理を勉強してみてください^^

 

大衆心理の勉強を効率的にしたいなら

今回まで3回連続で、
チャートから
大衆心理を読む問題を出していたのですが、
実はすでに多くの反響をいただいています。

 

その中でも一番多かったのが、

「今まで何となくチャートを見ていたけど、
なぜその動きになるのか理論的に理解できた」

といったものでした。

 

正にこの感覚を掴んで欲しかったので、
このような反響をもらえたことは
とても嬉しいです^^

ありがとうございます。

 

これはFXで勝てない頃の私も同じでしたが、

「トレンドに沿ったトレードをしよう」
「水平線で反発後にエントリーしよう」

とか、勝つ為にすべきトレードを
わかっているのに、
イマイチ腑に落ちずにトレードをしていました。

 

だから、トレードをするにしても、

「なんか上手くいかないな~」

なんて、ぼんやりとやっていたので、
連敗が続いたりすると、

「やっぱりダメだ」

と言って手法をコロコロ変えていました。

 

こんな事がずっと続いていたので、
何年も勝てないままでした。

 

ですが、チャートから
相場参加者の心理を
読めるようになった事で初めて、

「トレンドに沿ったトレードをしよう」
「水平線で反発後にエントリーしよう」

など、言われている事が腑に落ちました。

 

そしてそこからは、
徹底的な訓練や検証などにより、
どんどんトレード内容が安定して、
それが結果につながっていきました。

 

ですから、もしあなたも、

「色んな勝ちトレーダーが
言ってる事は理解できるけど、
なんかちょっと自分の中でぼんやりしてるな~」

なんて感じていたら、
大衆心理の勉強は非常に効果的ですので、
是非、勉強や訓練をしてみてください。

 

チャートの見方が変わって、
トレード内容が
一気に安定する可能性が高いでしょう。

 

しかし、そうは言っても、
今回の練習問題で、

「チャートが作られる理由を理解できた」

といった嬉しい意見をいただく半面、

「少し難しくて理解できなかった」

「読めるようになる為に
どう勉強すればいいかわからない」

「本当に相場参加者の心理を
読めるようになれるの?」

といった意見もいただきました。

 

これは確かにその通りだと思います。

大衆心理の読み方は
かなり多くのパターンがあるので、
難しいと感じるのは当然です。

 

私も最初から読めたわけではなく、
仕事と寝る時間以外の全ての時間を
大衆心理を読む訓練に使っていました。

飲み会や遊びにも行かずです。

 

これを1年以上続けてやっと
大衆心理を読めるようになったので、
ちょっと勉強しただけでは
使いこなせるようにはなりません。

ただ、1年以上ひたすら頑張った事で、
トレード内容が一気に変わって、
結果も出るようになりました。

 

そしてそこからは、
徐々にロットも上げられるようになり、
5年以上負け続きだったのが、
月間で+1万になり、
+3万になり、+5万になり、+7万になり、
+10万になり、+20万になり、+50万になり、
+100万になっていったわけです。

 

仮にあなたが、
大衆心理を習得するまでに
1年かかると言われたら、
長いと感じるかもしれません。

ですが、1年必死に頑張ることで、
FXで勝てるようになったら、
その後の死ぬまでの数十年間ずっと、
あなたは稼ぎ続けることができるのですよ?

 

ですから、

「少し難しい」
「勉強方法がよくわからない」

このような事が理由で
簡単に諦めずに愚直に日々の訓練と
検証を続けていってほしいです。

 

しかし、そうは言っても、

「やっぱり・・・」

なんて後ろ向きになってしまうかもしれません。

 

今までずっと、何をやっても
FXで上手くいかなかった経験が
トラウマになってしまい、
そう感じてしまうのは仕方ありません。

私も5年以上負け続けてきたので
その気持ちは痛いほどわかります。

 

そこで今回、そんなあなたの為に、
大衆心理の読み方を
効率に学ぶ事ができる教材を作りました!

この教材では
私の大衆心理の読み方の全てを載せています。

 

更に、大衆心理の読み方を
最短で習得できるように、
基本的な個所から順序だてて
解説してあります。

また、大衆心理の読み方を学んだあとは
それを実践でどう活かすかも解説しています。

 

その為、この教材を読むことで、
大衆心理について効率的に学び、
実践で使える力を
身につける事ができるでしょう。

ですから、この教材を使いながら、
徹底的に訓練や検証をしていけば、
3ヶ月~半年でチャートから大衆心理を
読む力をつけることも十分可能です。

 

実際にこの教材を使って
寝る間も惜しんで勉強した人がいるのですが、
その人はたった3ヶ月でほぼマスターしてしまい、
半年後からはFXで勝てるようになっていました。

正直、これは上手く行き過ぎた例ですが、
それでもこうなる可能性はあるわけです。

 

ですから、もし今現在のあなたが
大衆心理の読み方がわからずに
悩んでいるのであれば、
この教材は役に立ってくれるはずです。

興味が沸いたら
以下で教材の内容を確認できるので、
見てみてください。
これを極めれば勝てる!FX大衆心理入門

 

本気で頑張っているあなたに向けて、
私も全力でこの教材を作りましたので。

 

 


P.S. メルマガを始めました

大衆心理を中心に、
FXで勝つ為のコツをお伝えしていきます。

「FX歴が長いけど勝てない」
という方には特におススメです。

FX初心者用のメルマガも用意しているので、
"何から勉強すればわからない"
という場合にもオススメです。

メルマガの詳細内容はコチラ


登録はもちろん無料で、
解除もワンクリックで出来ます。