「チャートが読めないので、
FXで全然勝てないんです・・・」

 

といった悩みを持つ、
FXトレーダーは多くいます。

昔の私も、まったくと言って良いほど、
チャートが読めなかったので、
“エントリーしたら即逆行で損切り”
なんて事を連発していました。

 

でも、昔の私みたいに、
チャートが読めない場合って、
とあることが原因で
上手く読めないことが多いです。

今回はそのことについて、
私の考えをお伝えしていきます。

 

FXのチャートが読めない理由は?

FXをやっていて、
チャートが読めないと悩む人の特徴に、

 

形だけ覚えてトレードをしている

 

というのがあります。

 

つまり、どういうことかというと、

・ダブルトップ・ボトム
・三尊・逆三尊
・V字・逆V字

といったような
チャートパターンを、
形だけで覚えて、
エントリーしているのです。

 

確かにチャート上に現れる、
これらのパターンを利用して
トレードをすることは有効です。

私自身もチャートパターンは
けっこう意識しています。

 

ただし、チャートパターンには、
その形が作られる理由がちゃんとあり、

なぜ、そのチャートパターンができるのか?

といったような事を理解せずに
トレードをしても、私の経験上、
あまり効果は出ません。

 

私は昔、チャートパターンの検証を
かなりやっていた時期があるのですが、
この時にチャートパターンの意味を考えずに

「チャートパターンが出たら
とにかくエントリーする」

といった検証をしていました。

 

ですが、検証結果は散々で
勝率は50%を切っていたし、
エントリーしてもすぐ逆行するしで、

「チャートパターン使えないじゃん」

なんて思って
すぐに検証を止めていました。

 

このことからも、
チャートパターンなどを
丸暗記して使っても
FXで勝てるようにはならないのです。

関連記事:チャートパターンは覚えてもあまり意味がない?その理由とは?

 

もっと本質的な部分を見るべき

FXは同じような動きを繰り返しますが、
チャートパターンだけを覚えて
トレードをしていていも、
そこまで結果は出ません。

 

チャートパターンができる理由を
しっかり把握して初めて、
トレードに大きな力を発揮します。

 

これはFXのインジケーターも同じです。

どういう理論や計算式を用いて、
そのインジケーターが作られたのか?
ということを理解する事で、
初めてそれをトレードに活かすことができます。

 

だから、「チャートが読めない」
と悩んでいる人の場合、
一番大切な部分を疎かにしてるから、
FXでのトレードが安定しないのです。

 

実際に昔の私自身も、
チャートパターンを
丸暗記して使っていたし、
インジケーターの内容も
よくわからないまま使っていました。

これによって、
何をやっても全然結果が出ませんでした。

 

「何でチャートパータンが出てるのに
全然機能しないんだ?」

なんて迷走しまくってましたから。

 

更に、
インジケーターの内容や
使い方を理解しないまま
色んなものをチャートに突っ込んで
トレードもしていました。

そしたら、過剰最適化が起きて
全く通用しない手法ができたし、
エントリー回数も激減して
とにかく何をやってもダメでした。

 

ダブルボトムのネック買いが有効な理由を考えてみよう

もしあなたが今現在、
チャートが読めないと悩むなら、
ダブルボトムのネック買いが
有効な理由を
まずは考えてみましょう。

 

 

これは、相場参加者の心理を考えれば、
けっこう簡単に理由がわかるし、
この理由を理解するだけでも、
チャート読めるようになるきっかけとなります。

 

では、ダブルボトムができる理由を
ここからお伝えしていきます。

 

まず、ダブルボトムは、
“底値圏で出ると転換のサイン”
といったことが言われていますよね。

 

これはなぜかというと、
売っている人達が、

「これ以上下がらない」

と判断して決済してくるからです。

 

“ダブルボトムが底値圏で作られる”
ということは、
それまでは下落トレンドだったわけです。

ということは、
買っている人よりも、
売っている人の方が多くいます。

 

そして、この売っている人達が望むのは、

「どんどん安値更新をしてくれ!」
「そうすれば大きく利益が取れるから」

といったことです。

 

しかし、FXを含めた金融相場では、
一方向にポジションが溜まっていくと、
どこかで必ずポジション整理が起きて、
反転する動きを見せます。

上記のような場合であれば、
下がり続けているので、
どこかで必ず売りの決済が出て、
上昇へ反転します。

 

では、その反転が起きるサインと言うのは、
どんな時なのでしょうか?

 

それがダブルボトムになることです。

 

例えば、チャートを見たら、
安値を更新し続ける形が
以下のように出ていたとしましょう。

このときには、上記画像の
赤マルで売っている人達は、

「もっと下がる!」

と強気になっています。

 

ですが、これが、以下のように、
ダブルボトムができると、

「あれ、安値更新をしなくなった・・・」
「これは転換するかも・・・」

と不安になります。

そうなると、売っている人達は、

「転換するかもしれないから、
いったん利食いをしておこう」

と考えて、
徐々に利食いをし始めます。

 

売っている人達の利食いは、
買い決済になるので、
売りの利食いによって、
レートが上昇することになります。

ただ、ここでは、
まだ大きな流れは下落トレンドなので、

「まだ下がるでしょ」

と思っている人が多く、
本格的な利食いは入ってきません。

 

その為、一旦上昇が止まって、
戻り売りが入ってくることで、
またレートが下落していきます。

 

しかし、ダブルボトムネックまで
レートが下がってくると、
今度は、

「ダブルボトムを作って、
安値更新に失敗している」

「ということは上がる可能性がある」

と考える人達が出てきて、
ダブルボトムネック付近で、
買いが入ってくるので、
反発し始めます。

 

この反転の動きによって、
赤マルで売っている人達は、

「あ、もうダメだ」
「これ、トレンド転換しちゃうな」

と判断して、
本格的に決済をしてくるので、
更にレートが上昇して、
トレンド転換が起きるのです。

 

このような心理が働くことで、
“ダブルボトムネックでの買い”
というのは有効なのです。

 

どうでしょうか?

 

ダブルボトムができる仕組みや、
ネック買いが有効な理由は、
1個ずつ順序立てて考えていけば、
とくに難しいことはないですよね?

 

「チャートが読めない」

と悩んでいる人達は、
チャートの形だけを覚えて、
順序立ててチャートを読む癖が
付いていないことが多いです。

よって、トレードも上手くいかずに、
悩むことが多いのです。

 

ですから、もしあなたが今現在、
チャートを上手く読めずに悩んでいるなら
まずはチャートの左側から
丁寧にチャートを読む訓練をしてみましょう。

 

もし、チャートを読む訓練をしたいなら、
以下の記事を読んでみると、
参考になるかもしれません。

FXでも相手の気持ちを考える事が重要です

FXチャート練習問題1 大衆心理がどう働いていると思う?

 

まとめ

今回は、
FXのチャートが読めない理由について、
私の考えをお伝えしてきました。

 

FXのチャートが読めずに、
悩んでいる人の場合、
チャートを形だけで判断しているから、
トレードが不安定なのです。

 

チャートは、
相場参加者の意思によって
作られているので、

「なぜ、この形になったのか?」

という理由が存在します。

 

だから、チャートが作られる理由を
考えるようにしてあげると、
「チャートが読めない・・・」
という悩みが解消されて、
トレードの精度も一気に上がるはずです。

実際に私も相場参加者の意思を
考えることによって
トレードの精度が劇的に上がりましたから。

 


P.S. メルマガを始めました

大衆心理を中心に、
FXで勝つ為のコツをお伝えしていきます。

「FX歴が長いけど勝てない」
という方には特におススメです。

FX初心者用のメルマガも用意しているので、
"何から勉強すればわからない"
という場合にもオススメです。

メルマガの詳細内容はコチラ


登録はもちろん無料で、
解除もワンクリックで出来ます。