「損切に逆指値を置こうとしても、
目安がわからなくて設定できない」

 

こんなお悩みをいただく事があります。

 

私も昔は損切の目安を迷ってました。

だから、逆指値を設定しようとしても、
「どこら辺がいいんだろー」
なんて頭を悩ませていました。

 

でも、FX歴が半年未満でない限り、
9割以上は損切の目安を
実は知っているんです。

単純に損切をせずに済む位置を
探しているだけなのです。

 

正しい損切り位置をあなたは知っています

例えば、あなたが、
下記画像の黄色マルで
買いエントリーをした場合、
損切の目安はどこでしょうか?
逆指値はどこに設定しますか?

 

どうでしょうか?

もし、あなたがFX歴が半年以上なら、
恐らく損切の目安を見つけて、
逆指値を設定する位置が
なんとなくわかると思います。

 

私であれば、
下記のように水平線を引いて、
その少し下に損切の逆指値を設定します。

 

あなたの損切の目安はどうでしたか?

損切の逆指値を設定するなら、
恐らく私と同じような位置に
設定したと思います。

 

では、その後の動きを見てみましょう。

 

あなたが設定した損切の逆指値に
掛かって損切になった後に、
さらに下がっていってますよね。

 

つまり、あなたには

損切りの目安を見極める力がある

という事になります。

 

「損切の目安がわからずに、
逆指値が設定できない」

と悩んでいる場合、
損切の目安がわからないのではなく、
単なる検証不足によって、

「損切りをしても勝てる!」

といった自信がないだけだったりします。

 

だから、”損切の目安がわからない”
と悩んでいるなら、
検証を積み重ねていくしかありません。

 

FXの場合、
変に効率的にやろうとしたり、
上手く立ち回ろうとすると、
逆に遠回りすることになります。

この辺りは受験勉強などと同じで、
泥臭い作業を地道にやるしかないです。

 

損切りすべき位置を知りたいなら大衆心理を考えよう

上記でお伝えしたように
FX歴が1年以上ある場合は
損切りすべき場所というのを
ほとんどの人が知っています。

 

だから、徹底的に検証をして

「損切りをしてもトータルで勝てる」

という自信をつけるのが
一番手っ取り早いです。

 

しかし、そうはいっても、

「何でそこで損切りが必要なのか?」

といった理由も知りたいですよね。

 

やっぱりちゃんと理由を知って
自分で納得した方が
損切りもしやすくなりますからね。

 

このような場合、
大衆心理を考えてみると
損切りをすべき理由がわかります。

 

例えば、
強いサポートライン付近で
押し目買いをした場合、
損切りはサポートラインの
少し下に置くのがセオリーです。

 

なぜなら、サポートラインの下には

・買っている人達の損切り
・売りを狙っている人達の逆指値売り

といった注文が入っているからです。

 

その為、サポートラインを下抜けると
これらの注文が一気に発動されるので
下落が加速していくのです。

このような仕組みから、
サポートラインの少し下に
損切りを置いておかないと
一気に含み損が拡大して
取り返しのつかない事になるのです。

 

もし、この仕組みについて
更に詳しく知りたい場合は
以下の記事を参考にしてみてください。
実践例を紹介!FXのトレードで損切りラインはどこに置く?

損切りを我慢すべき場所とそうでない場所とは?

 

より納得した損切の目安を知りたいなら・・・

損切りの目安がわからない場合、
検証不足である事がほとんどです。

 

ただ、そうは言っても、
できる限り確実性の高い
損切りの目安を知りたいですよね。

 

そんな時にオススメなのが、
“FXワールドポジション”
というインジケーターになります。

 

このインジケーターは、
普通のインジケーターとは違い、
世界中の投資家の注文状況が
丸見えになるインジケーター
です。

 

これだけだと、
何を言っているのかわからないですよね。

 

つまり、このインジケーターを使うと、

“どのレートに買い(売り)注文が入っているのか?”

といった事が見えてしまうのです。

 

例えば、下記画像の右側に、
棒グラフが並んでいるのですが、

・右側が買い注文
・左側が売り注文

になっていて、
その棒グラフが大きいほど、
多くの注文が入っている事を意味します。

 

ということは、
この注文状況が見れる事によって、
損切り注文が入っている場所を
予測することができるのです。

 

例えば、下記のチャート画像で、
意識される赤ラインの下に、
売り注文が多く入っていますよね。

 

つまり、これが意味するのは、
赤ライン近辺で買った人達の
損切り注文が多く入っている事です

その為、赤ラインを下抜けると、
多くの損切りが発動して、
一気にレートが下がる可能性があります。

 

このような場所が事前にわかれば、
損切りの目安もわかり、
そこに逆指値を設定しておくことで、
損失を最小限に抑える事ができますよね。

 

だから、もしあなたが、
「損切りの目安をより確実に知りたい」
という場合は、
このインジケーターを使ってみると、
より自信を持って損切位置を
決めることができると思います。

 

ただし!

これが100%有効という意味ではないので、
そこは勘違いしないようにお願いします。

あくまで目安を知るのが目的です。

 

もし、このインジケータについて、
更に詳しく知りたい場合は、
以下の記事を読んでみてください。
最強のインジケーター!FXワールドポジションを徹底評価!

 

因みに、このインジケーターですが、
損切りの目安だけでなく、

・利食いの目安
・エントリーの目安

といった事にも使えるので、
かなり便利です。

 

追記

このインジケーターですが人気による
多数の応募で定員になり、
使えなくなってしまいました。

また募集を始めたら再度お知らせします。

現在では次の募集日時は未定です。

 

損切り後の反転が多いと感じる場合

損切りの目安を知りたい理由に、

「損切り後の反転が多い」

というのも意外に多くあります。

 

しかし、損切り後の反転に関しては、
どんな時もありえるので、
これをゼロにすることは不可能です。

 

ただ、あまりにも損切り後の反転が
多いと感じる場合、
まずは自分の売買記録を
チェックしてみましょう。

今までの損切りトレードを確認して、
どのぐらいの確率で
損切り後に反転しているのかを
チェックしてみるのです。

 

そして、もしこの確率が
50%以上ある場合は、
ストップ狩りに巻き込まれている可能性が
高いかもしれません。

ストップ狩りとは、大口投資家が
損切りが溜まっていそうな場所に
わざと大口の注文をぶつけて
個人投資家の損切りを発動させて
利益を取るような行為です。

 

その為、これを避ける方法としては、

・損切り幅を広げる
・エントリー位置をずらす

といった方法があります。

 

私の個人的な考えでは、
エントリー位置をずらした方が良いです。

なぜなら、損切り幅を広げたとしても、
必ず損切り後の反転は起きるからです。

 

しかも、損切り幅を広げると、
その分、利食い幅も広げないと、
リスクリワードが悪くなります。

利食い幅を広げるということは、
それだけ利食いになる前に
レートが戻ってくる可能性も増えるので、
勝率が下がる可能性があります。

 

一方で、エントリーをずらす場合、
ポイントまで届かずに
反転することが増えますが、

・余計な損切が減る
・利食い幅を伸ばすことができる

といったメリットがあるので、
結果的にはこっちの方が
トータルの成績が良くなる傾向があります。

 

ですから、私としては、
エントリー位置をずらす方が
良いと考えています。

 

まとめ

FX歴が半年以上あるのに、

「損切りの目安がわからずに、
逆指値を設定できない」

と悩んでいる場合は、
単なる検証不足によって、
自分の手法に自信がない事がほとんどです。

 

その為、まずは徹底的に検証をして、
自分の手法に対して
自信を付けることが大切です。

もし、検証方法がわからない場合は、
私の検証例を記事にしたので、
以下の記事を読んでみてください。
私がFXのトレード手法を作る時の検証例をお教えします!

 

更に、これに加えて、
損切の目安を
できるだけ正確に知りたい場合は、
先ほど紹介したインジケーターを
使ってみるといいかもしれません。

 


P.S. メルマガを始めました

大衆心理を中心に、
FXで勝つ為のコツをお伝えしていきます。

「FX歴が長いけど勝てない」
という方には特におススメです。

FX初心者用のメルマガも用意しているので、
"何から勉強すればわからない"
という場合にもオススメです。

メルマガの詳細内容はコチラ


登録はもちろん無料で、
解除もワンクリックで出来ます。