FXに限らずトレードの世界では
チャートパターンが存在します。

しかもその種類はいくつもあり、
それらを丸暗記すれば、
FXで勝てると思う人が凄く多くいます。

 

ただ、実際のところ、
チャートパターンを丸暗記しても
勝てない人が続出しています。

では、
なぜチャートパターンを丸暗記しても
FXで勝てないのでしょうか?

 

今回はこの事について
私の考えをお伝えしていきます。

 

FXはチャートバターンを丸暗記しても勝てないのはなぜ?

FXがチャートパターンを
丸暗記しても勝てないのは、

“相場の流れを考慮していない”

という事が主な理由です。

 

例えば、チャートパターンで
最も有名なパターンの1つである、
ダブルトップがありますよね。

 

ダブルトップは、

・ネックをブレイクしたら売り
・ネックをブレイク後の戻り売り

といったトレード方法が
特に有名です。

しかし、
これに沿ってエントリーをしても
勝てない場面が多くあります。

 

例えば、下記のチャート画像を見ると、
キレイにダブルトップができていますよね。

 

この場合、ネックまで戻ってきたら
戻り売りをすることで勝てそうですよね。

 

ただ、この後の動きは
以下のようになりました。

 

ダブルトップネックで止まらずに
そのまま上昇しています。

もし、ネックで戻り売りをしていたら
損切りになっていました。

 

では、
なぜネックで戻り売りをしていたら、
損切りになっていたのでしょうか?

その理由が先程お伝えした、
相場の流れを考慮していないからです。

 

実はこの場面、
ダブルトップだけで見るのではなく、
もっと大きな視点で見ると、
以下のような状態でした。

 

思いっきり上昇トレンドですよね。

ダブルトップだけを見れば、
売り目線として考えられるのですが、
全体の流れとしては
明らかに上昇トレンドです。

その為、
ダブルトップを見て売りたい人よりも
全体の流れを見て買いたい人の方が
多い状態なのです。

 

だから、ダブルトップを作っても
下落せずに更に上昇していったのです。

要するにここでは、
売った人達が買いの養分になったのです。

 

このように、
チャートパターンを覚えて使っても、
全体の流れが見えていないと
FXでは勝てないのです。

これはダブルトップに限らず、
どのチャートパターンでも同じです。

 

色んな書籍やサイトで紹介されているチャートパターンに注意

チャートパターンを
覚えるだけでは
FXでは勝てません。

 

しかし、
色んなFXの書籍やサイトで

「これらのチャートパターンは覚えるべき!」

なんてよく紹介されていますが、
それを覚えたとしても勝てないんですよね。

 

なぜかというと、
書籍やサイトで紹介されているのは
あくまでもチャートの形だけで、
先程お伝えしたような
環境認識の部分が欠落してるからなんですよね。

 

チャートパターンは
確かにトレードにおいて有効ですが、
それが有効になるのは、
正しくトレンドの流れを読める事が大前提です。

ここを無視して
チャートパターンだけで
トレードをしても、
勝てないのは当たり前です。

 

例えば、他のチャートパターンで
三尊(ヘッドアンドショルダーズ)
というのがありますよね。

この三尊を作りだしたら、
下落するサインです。

 

しかし、実際のチャート上で
この形が出たからといって売ると、
環境認識を正しくしていない限り、
負ける確率が高くなります。

 

ですから、書籍やサイトで
紹介されているチャートパターンを
鵜呑みにしないように気をつけましょう。

 

丸暗記したチャートパターンによって起きる問題

チャートパターンを丸暗記してしまうと、

“チャートパターンが出る=勝てる”

と勘違いしやすくなります。

 

そして、チャートパターンが出たら
何でもかんでもエントリーをしてしまい、
逆に負ける確率が高くなります。

更に、これによって負けが多くなると
キレてリベンジトレードをしたり、
早く損を取り返す為に
ポジポジ病になったりと、
FXでの悪い癖がつきやすくなります。

 

しかも、短期のトレードになると、
チャートパターンなんて、
いくらでも出てきて、
それがダマシになる事も多いです。

となると、チャートパターンを
丸暗記しただけで使っていると
とにかく負けまくります。

 

実際に昔の私も、
チャートパターンを丸暗記しただけで
トレードをしていた時期がありました。

その時は何をしても勝てずに、
イライラから切れてしまい、
ポジポジ病やナンピンなどをして
更に負けを重ねて大損した経験があります。

 

チャートパターンは丸暗記する必要はない

チャートパターンを覚えても
FXでは勝てないですが、
実際はチャートパターンは
特に丸暗記する必要はありません。

なぜなら、チャートパターンは
チャートを丁寧に読んでいけば
勝手に理解できるからです

 

例えば、ダブルボトムが
作られる理由を紐解いていきましょう。

まず、以下のように
上昇トレンドが出ているとしましょう。

この時に一旦押しが入って下がってきてから、
前回高値で反転して上昇します。

ですが、高値を超えられずに
再度直近の安値まで戻ってきます。

この時に
ダブルトップができたからといって売ると、
負ける確率が高くなります。

なぜなら、
まだ上昇トレンドが続いているからです。

その為、売りたい人よりも
買いたい人の方がまだ多い状態です。

よって、この状態では、
ダブルボトムになる事を見越して
買ってくる人が出てくるので反転し始めます。

そして、反転し始めたのを確認して
買いを入れてくる人が増えるので、
更に上昇していきます。

こうなると、
ほぼダブルボトムが完成してますよね。

 

これによって、

「ダブルボトムがほぼ完成した!」
「しかも上昇トレンドだ!」

と多くの人が認識するので、
更に買いが入ってブレイクする事で、
完全なダブルボトムが出来上がるのです。

このような感じで、
チャートパターンというのは
相場参加者の気持ちを考えながら
丁寧にチャートを読んでいけば、
勝手に理解して効果的に使えます。

だから、丸暗記する必要はないのです。

 

もし、相場参加者の気持ちを
読む方法を詳しく知りたい場合は
以下の記事も読んでみてください。
FXでも相手の気持ちを考える事が重要です

 

チャートパターンは環境認識と合わせると効果絶大!

FXではチャートパターンを覚えても
そう簡単には勝てないですが、
環境認識を正しくして、
それと合わせれば効果は絶大です。

 

例えば、
下記チャート画像の黄色マルの部分で
ダブルボトムができていて、
そこから上昇していますよね。

 

これらのダブルボトムができて
上昇している場面って
上昇トレンドになっています。

このように、
環境認識を正しく行った上での
チャートパターンというのは
チャンスになる事が多いです。

 

また、環境認識と
チャートパターンに加えて、

・水平線
・フィボナッチ

といったテクニカルが
重なったりすると、
更に反転の確率が高まって
トレードの勝率も上がります。

 

例えば、今回のチャートで
ダブルボトムができている場所は
水平線とフィボナッチも重なっています。

 

こんな感じで、
チャートパターンを丸暗記するのではなく、
環境認識もやる事で初めて、
チャートパターンの効果が絶大になります。

 

まとめ

今回は、FXでチャートパターンは
丸暗記しても勝てないのは
本当なのかについてお伝えしました。

 

FXにおけるトレードでは、
チャートパターンというのは
かなり有効です。

ただしあくまでも、
環境認識を正しくした上での話です。

 

チャートパターンが
確認できたからといって、
何でもかんでもエントリーしていると
逆に負ける可能性の方が高くなります。

更に、負けが重なる事により、
リベンジトレードや
ポジポジ病になるリスクもあるので、
丸暗記だけで使うのはやらないようにしましょう。

 

 


P.S. メルマガを始めました

大衆心理を中心に、
FXで勝つ為のコツをお伝えしていきます。

「FX歴が長いけど勝てない」
という方には特におススメです。

FX初心者用のメルマガも用意しているので、
"何から勉強すればわからない"
という場合にもオススメです。

メルマガの詳細内容はコチラ


登録はもちろん無料で、
解除もワンクリックで出来ます。