FXでデイトレをする場合、
エントリー方法としては
成り買い指値買いの2つがありますが、
どっちがいいのか
意外に悩みの種だったりします。

 

しかも、成り買いと指値買い、
どちらをやってみても、
エントリー後にそのまま逆行されると、

「どうすればいいんだ?」

なんて困ってしまいますよね。

 

私もこれに関しては、
かなり悩まされました。

では、デイトレでは成り買いと指値買い、
いったいどっちが良いのでしょうか?

 

今回は、この事について
私の経験談をお話しします。

 

ポイントはデイトレをする時間軸にある

私はデイトレに関しては、

・4時間足のデイトレ
・1時間足のデイトレ
・15分足のデイトレ

といったように、
長期~短期のデイトレまで
経験してきました。

 

そして、
成り買いと指値買いの境界線は、
デイトレをする時間軸によって、
変えるのがいいと感じました。

 

短期のデイトレでは成り買いが良い

私の経験上、15分足以下の
短期のデイトレをする場合は、
成り買いが良いと感じています。

 

なぜなら、デイトレをする場合、
基本的に意識される場所、
つまり水平線を引いた付近で
エントリーをしていくわけですよね。

この水平線の効き目というのが、
15分足以下だと、
そこまで強くはありません。

 

その為、ここで指値買いをすると、
そのまま下抜ける事が多いので、
すぐに損切りになる可能性が高いからです。

 

よって、15分足以下のデイトレの場合、
水平線付近で反発をして、

「これ以上、下がりそうもない」

という形が出始めたのを確認してから
成り買いをする方が、
エントリーの精度が上がりやすいです。

 

長期のデイトレでは指値買いでもOK

逆に1時間足以上のデイトレになると、
成り買いだけでなく、
指値買いを使うのでもOKです。

 

なぜなら、1時間足以上になると、
一気に相場参加者が増えるので、
水平線の効き目が強くなるからです

 

基本的にFXでは、

・1分足よりも5分足
・5分足よりも15分足
・15分足よりも1時間足
・1時間足よりも4時間足

といったように、
時間軸が大きくなるほど、
相場参加者が増えます。

 

これによって、
時間軸が大きくなるほど、
反発しそうな場所も、
多くの相場参加者が意識するので、
水平線の効き目が強くなるのです。

 

その為、1時間足以上のデイトレだと、
成り買いはもちろんのこと、
指値買いでエントリーをしても
特に問題はありません。

 

ただ、指値買いの場合、
水平線ぴったりに指値を出しておくと、
少し手前で反転してしまい、
エントリー出来ない場合が出てきます。

 

これが成り買いであれば、
その場でエントリーをしていくので
このような事は起きにくいのですが、
指値買いだと
相場を見ていない事が多いですからね。

だから、水平線よりも少し上に
指値注文をしておいた方がいいです。

 

しかし、ポンド系の通貨や
ゴールドなど、
ボラティリティの大きい通貨で
トレードをする場合は、
いくら水平線が強く効くとは言え、
オーバーシュートする事が多いです。

その為、水平線の手前や
水平線ピッタリで指値をすると、
そのまま突き抜けて
損切りになる事が多くなります。

 

よって、この辺りに関しては、
まずは検証をして、
どの通貨がどのような動きになるのかを
確認してから、
指値の位置を調整するのがいいです。

 

このように、デイトレでの
成り買いと指値買いの基準は、
時間軸によって、
判断していくのが良いと思っています。

 

もちろん、これはあくまでも
私の経験上の話なので、
この方法が絶対ではありません。

ですから、デイトレで成り買いや
指値買いを使い分ける場合は、
必ずご自身でも検証をしてみてください。

 

損切りと利食いはどうする?

デイトレをする場合、
15分足以下のデイトレードだと、
エントリーは成り買いや成り売り、
1時間足以上のデイトレードだと
指値を使うのもありです。

 

そしてこれ以外にも、

「損切りと利食いはどうするの?」

なんて思うかもしれません。

 

まず、損切りに関しては、
逆指値を使った方がいいです。

 

成り行き注文を使って
手動で損切りをしようとすると、

「本当は損切りだけど
ここから反転しそう」

なんて思ってしまい、
損切りに躊躇しやすくなるからです。

 

ここで損切りに躊躇してしまうと、
更に逆行された場合、
余計損切りができなくなります。

そして、ナンピンをしたり、
塩漬けをしたりして
大損する事になりますから。

 

実際に昔の私自身も、
損切りが悔しくて出来ずに
ナンピンをして、
大損した経験があります。

関連記事:損切りの大切さが身にしみる!ナンピンで何度も逝った過去!

 

また、1時間足以上のデイトレで
エントリーに指値を使った場合にも、
損切りの逆指値を同時に設定しましょう。

 

このような場合、
損切り位置としては、
水平線から少し離した方がいいです。

なぜなら、
相場の勢いによっては、
水平線を少し割ってから
反転することもあるので、
水平線から少し離した場所に
設定しておいた方が良いです。

 

これをやると、損切りになった場合、
損失が少し大きくなるのですが、
1時間足以上になると、
利益幅も100pips以上狙えるので、
そこで十分カバーできます。

 

もし、損切りをする位置に関して、
詳しく知りたい場合は、
以下の記事を参考にしてみてください。
実践例を紹介!FXのトレードで損切りラインはどこに置く?

 

次に利食いに関してですが、
これは正直明確な答えはありません。

トレードはエントリーと
損切り位置はある程度決まっていますが、
利食いに関してだけは無限に方法があります。

 

ですから、ある程度伸びたら、
成り行き注文で決済してもいいし、
適当なところに指値をしておいて、
利食いをしてもいいです。

自分の性格に合った利食い方法を
使ってみてください。

 

ただ、そうは言っても、
ある程度の目安が欲しいですよね。

そんな時は、
利食い方法をいくつか紹介しているので、
以下の記事を読んでみてください。
FXでは利食いポイントの決め方はどうするのがベストなのか?

 

FX初心者は1時間足以上のデイトレが良い

因みに、FX初心者に関しては、
1時間足以上のデイトレの方が良いです。

 

なぜなら、FX初心者の場合、

・トレンドを読む力
・反転しそうな場所を見つける力

といった部分が
まだ弱いことが多いからです。

 

その為、1時間足以上のデイトレで
これらの基礎能力を身につけながら、
トレードをしていった方が
遠回りをしないで済みます。

 

また、FX初心者が
短期足でトレードをすると、
損切りになった際に
すぐに損を取り返そうとしやすいので、

・リベンジトレード
・ポジポジ病

といった悪い癖が
つきやすくなります。

 

よって、値動きがゆっくりな
1時間足以上のデイトレの方が
落ち着いてトレードをしやすいので、
このような悪い癖もつきにくいです。

 

因みに、エントリーの仕方に関しては、
水平線の付近でエントリーをするなら、
成り買いと指値買い、どっちでもOKです。

 

日中に相場が見れない、
サラリーマンや主婦の方などは
指値買いを利用すると、
相場が見れなくてもトレードができるので、
やりやすいと思います。

 

因みに、私自身も、
4時間足のデイトレによって、
勝てるきっかけを掴めたので、
1時間足以上のデイトレはオススメです。

関連記事:4時間足のデイトレがFXで勝てるきっかけになった!

 

逆にFX歴が1年以上あって、
複数の時間足を同時に見れる場合は、
15分足ぐらいのデイトレが
一番効率的でやりやすいです。

関連記事:FXでデイトレをするなら15分足の手法が一番やりやすい!

 

まとめ

今回は、FXのデイトレでは、
成り買いと指値買いどっちがいい?
ということについて、
私の経験談をお話ししました。

 

私の経験上では、
時間軸が大きくなるほど
“指値買いを使っても大丈夫”
という結果が出ています。

逆に短期のデイトレになると、
水平線の効き目が弱いので、
成り買いにして、
一旦反発するのを確認してから
エントリーするのが良いです。

 

ただし、もう一度言いますが、
これはあくまでも、
私の経験上の話なので、
鵜呑みにせずに、
自分でも必ず確認をしてください。

 

 


P.S. メルマガを始めました

大衆心理を中心に、
FXで勝つ為のコツをお伝えしていきます。

「FX歴が長いけど勝てない」
という方には特におススメです。

FX初心者用のメルマガも用意しているので、
"何から勉強すればわからない"
という場合にもオススメです。

メルマガの詳細内容はコチラ


登録はもちろん無料で、
解除もワンクリックで出来ます。