私達が勉強する際は、
必ずと言っていいほどを使います。

これは今まで学校で勉強をする際に
必ず教科書を使っていたので、

本=ちゃんと勉強できる

というイメージが
体に染み込んでいるからです。

 

ただし、FXに関しては、

本=デイトレーダーの勉強に役立つ

という事になるかというと、
実際はそうでもありません。

 

だから、私個人の意見とすれば、

“勝てるデイトレーダーになるには、
本を読む必要はない”

と考えています。

 

実は私も本で勉強してました

“勝てるデイトレーダーになるには、
本を読む必要は無い”

なんて豪語している私ですが、
実はFX関連の本をしっかり読んでました。

まぁ、読んだからこそ、
必要ないと思ったんですけどね。

 

因みに、読んだ本としては・・・

・高勝率のススメ
・ゾーン
・マーケットの魔術師
・ジェシーリバモアの本
・FX5分足スキャルピング

などなど、
結構色んな本を読みました。

 

でも、結局そこから得た知識で、
FXで勝てるようになったか?
と聞かれると・・・

“そうでもない”

というのが本音です(笑)

 

もちろん、
良い事はたくさん書いてあります。

 

書いてあるのですが、
本の内容を実際のトレードに活かして
稼げるようになるかというと、
私的には

「ちょっとどうかな」

という感じでした。

 

基本的にこれらの本には、
デイトレーダーがやっちゃう失敗例とか、
失敗する時のメンタル状況とか、
読んでて、

「あ~そうそう!」

と納得できることばかりです。

だから、
FXでの失敗パターンを再認識するには、
それなりに良いと思います。

 

ただ、本から失敗例を学んだとしても、
実際のトレードでは
金銭的な欲望が大きく影響するので、
本で読んだことなどすぐに忘れます。

そして結局、失敗してしまいます。

 

基本的にトレードでの失敗を改善するには、
自分で痛い思いを何度もしてやっと、
徐々に改善されていきます。

その為、本を読んだとしても、
あまり効果がないのが現実です。

 

本から手法を学ぶのも意外に難しい

また、本から、
デイトレードの手法を学ぼうとする場合も、
そこまで役に立ちません。

 

私がよく読んでいたのは、
パンローリングが出している本なのですが、
これらのFX本にも手法は書いてあるんです。

でも、パンローリングの本って、
海外の本を翻訳したものが多いので、
横文字がやたらと多いんですよね。

 

例えば、押し目、戻し目をプルバック
チャートの形状をセットアップ
とか呼んでるので、それを読むたびに、

「プルバックって何だっけ?」

みたいに、
読むのがいちいち中断されるんです。

これを繰り返している内に、
段々と読むのが疲れてきて、
最後は挫折して読むのを止めてしまいます。

 

あとは、本ではデイトレード手法も、
たまに解説されてるんですけど、

「そこ日本語にちゃんと要約しないと
わかりずらいだろ」

っていう所に限って、
横文字のまま翻訳してあったりするので、

「この本を翻訳した奴って
FXの事、本当に知ってるのか?」

って疑っちゃうんですよね。

 

それに手法自体も
海外のデイトレーダー用だから、
日本人には少し難しいので、
調整が必要な事も結構多いし。

 

「じゃあ、日本人が書いた
本を読めばいいんじゃないの?」

なんて思うかもしれませんが、
日本人が書いた本だと、
更に内容が薄くて
ありきたりなものが多いです。

 

やはり、日本のトレードレベルは、
欧米のトレードレベルと比べて
かなり劣っています。

ですから、
日本のFX本を読んだところで、
そこまで役には立ちません。

そんな事も色々と踏まえた上で、
勝てるデイトレーダーになるには、
本を読む必要はないと考えています。

 

数千円程度の本で勝てるようになるわけがない

そもそも、たかだか数千円の本で
FXで勝てるようになるなら、
億万長者が続出しているはずです。

 

しかし、そんなことはなく、

「FXをしている9割が負けている」

なんて言われているくらいなので、
それが真実を表していますよね。

 

本を読むこと自体は
何も問題ないし、
1~2冊程度読んでみて

「FXはどんなものか?」

というのを確認することは良いと思います。

 

ですが、大量に本を読んで
そこから

「勝てるデイトレーダーになってやる」

なんて考えているのであれば、
時間とお金が無駄になる可能性が高いです。

 

それであれば、検証ツールなどを買って
手法やチャートの検証を徹底的にした方が
デイトレーダーとして
圧倒的に早く自立できます。

 

自立したデイトレーダーになるには?

自立したデイトレーダーになるには、
勉強すること自体は結構単純です。

 

私個人の意見で言うと、

・トレンドを判断する力を付ける
・効果的な水平線を引けるようになる
・相場参加者の心理を読む

大きく分けて、この3つを学んで、
徹底的に検証と訓練を行えば、
普通に自立したデイトレーダーになれます。

 

最低でも、

・トレンドを判断する力
・効果的な水平線を引ける力

この2つを習得しておけば、
FXで安定した結果を出す事は可能です。

 

相場参加者の心理に関しては
同時に勉強できれば
それに越したことはないですが
この2つを習得してから勉強した方が
より頭に入りやすくて効果的です。

 

しかも、これらのテクニックは、
本に頼らなくても、
ネット上で無料で学ぶことができるので、
無理に本を買う必要はないでしょう。

 

このブログでも、
これら3つのことを
無料で学ぶことができるので、
もし興味があれば、
以下の記事も読んでみてください。

FXの効果的な勉強方法とは?まずやるべき事は環境認識から!

効果的な水平線を引く際のちょっとしたコツとは?

FXでも相手の気持ちを考える事が重要です

 

徹底した検証も大事

自立したデイトレーダーになる為には、
知識を入れる事も重要ですが、
頭に入れただけでは役立ちません。

過去チャートを使って
覚えた知識が
本当に通用するかを確認する為に
徹底的な検証をすることも大事です。

 

むしろ、こっちの方が重要だと
個人的には考えているぐらいです。

 

特に、自分が使う手法なんかは、
何度も検証を繰り返していくことで、
自分の中に手法が刷り込まれていき、
それが実践で活きてきます。

 

実際に私自身も、
本で勉強したことなどは
ほぼ全て忘れてしまっていますが
自分で手を動かして検証をした事に関しては
しっかり覚えているし、
それが今の結果につながっています。

 

ですから、
FXで安定した成績を出す為には、
徹底的な検証も必須なことを
覚えておきましょう。

 

もし、自分の手法を作る為の
具体的な検証方法について
知りたい場合は、
以下の記事も参考にしてみてください。
FXで勝てる手法を作れる具体的な検証方法とは?

一気に勝ち組へ!FXの検証で確認すべき項目とは?

FXの検証回数は最低100トレードは必要!その理由はなぜ?

 

まとめ

今回は、

“デイトレーダーに本当に役立つ本はない”

という事で記事を書いてきました。

 

私自身、”良書”と呼ばれる本を
色々と読んできましたが、
実際のトレードに役立ったか?
と聞かれれば、

「そうでもない」

というのが本音です。

 

勿論良い事はたくさん書いてありますが、
結局、同じような事を
違う言い回しで書いてある事も多いので、
本を読んで勉強をするにしても、
1~2冊程度読めば十分だと思います。

 

それよりも、
上記で書いた3つを勉強した方が、
本を読むよりもよっぽど早く、
自立したデイトレーダーになれるでしょう。

 

その為、もし、1日も早く、
FXで安定した結果を出せるようになりたいなら、

「今、自分がすべき事は何か?」

というのを把握して、
その勉強をするのが、
一番の近道になるでしょう。

 


P.S. メルマガを始めました

大衆心理を中心に、
FXで勝つ為のコツをお伝えしていきます。

「FX歴が長いけど勝てない」
という方には特におススメです。

FX初心者用のメルマガも用意しているので、
"何から勉強すればわからない"
という場合にもオススメです。

メルマガの詳細内容はコチラ


登録はもちろん無料で、
解除もワンクリックで出来ます。