FXでは、
チャートパターンを使った手法が有効”
とよく言われますよね。

 

例えば、チャートパターンと言えば、

・ダブルトップ、ボトム
・三尊、逆三尊
・V字、逆V字

といったものが有名です。

 

しかし、このチャートパターンは、
FXでは必勝法になりえるのでしょうか?

 

この答えとしては
Yesだと私は考えています。

 

なぜなら、私自身、
FXのトレードで使う手法に
チャートパターンを組み込んで
精度を上げることができているからです。

では、その方法とは、
いったいどんな方法なのでしょうか?

 

私が使う必勝パターンの詳細

実は私の手法自体は、

・上昇トレンド中の押し目買い
・下落トレンド中の戻り売り

といったシンプルな手法ですが、
ここにチャートパターンを組み込んでいて、
その中でも必勝の手法となっているのが、
ダブルトップ・ボトムです。

 

通常、このチャートパターンでは、
ネックを抜けた後の
戻りを狙うのがセオリーですよね。

もちろん、
このエントリー方法にも
優位性があるのですが、
私の場合は、
ダブルトップ、ボトムの
右肩で入るのが好きです。

右肩でエントリーできれば、
損切りが小さく済む上に、
利益は大きく狙えるので、
私の必勝法となっています。

 

因みに、ダブルトップ・ボトムが、
作られる理由を説明できますか?

実はこれ、
このブログでウザイ程、出てくる、
大衆心理を使って説明できます。

 

例えば、ダブルボトムを
例に取ってみましょう。

このチャートパターンの場合、
安値更新の失敗によって、
ダブルボトムが形成されていますよね。

 

まず、下落の流れが出ていることで、
相場参加者の大多数が、
売り目線になっています。

その為、ダブルボトムネックでは、
戻り売りが入って、
安値更新を狙う動きが出てきます。

 

しかし、安値付近でもみ合ったりして、
安値更新ができない動きを見せると、
売りポジションを持っている人達は、

「あれ・・・安値更新・・・しない?」

と不安になって、
少しずつ利食いが出ます。

 

また、この時には、
安値更新を狙った
ブレイク売りをした人達もいるのですが、
安値を更新しないことで、

「あ、ダメかも・・・」

と判断して損切りをしてきます。

 

そして、それらの決済によって、
レートが反転し始めて
下に行けない動きが加速すると、
他の売りポジションを持っている人達も、

「あ・・・ダメかもしれない・・・」

と判断して、一斉に逃げてきます。

 

これによって、決済が加速して、
一気に上昇していくのです。

このようにして、
ダブルボトムが形成されていくのです。

 

私が手法に、
ダブルトップ、ボトムを組み込むのも、
この原理を理解しているからなのです。

 

チャートパターンの丸暗記は必勝法にはならない

FXで結果が出ていない人達の多くは、

“チャートパターンを丸暗記して
トレードすれば勝てる”

と考えています。

 

実際に私自身も、
FXで結果が出ていなかった時に、
チャートパターンを丸暗記して
トレードをしていたのですが、
全然結果が出ませんでした。

 

そこで、
ダブルトップ・ボトムを検証することを考え、
このチャートパターンが出たら、
なんでもかんでもエントリーする
ということをやっていました。

そしたら、その検証結果では、
“ダブルトップ・ボトムは使えない”
という結果になり、
その手法をすぐに捨ててしまいました。

 

このような経験から、
チャートパターンを丸暗記しても、
それは必勝法にならないと考えています。

逆に負ける原因にもなりえます。

 

関連記事

チャートパターンは覚えてもあまり意味がない?その理由とは?

FXのチャートパターンは本で勉強する必要はないと思う理由

 

チャートパターンは仕組みを理解するのが重要

チャートパターンを丸暗記しても、
それはあまり使い物になりません。

ただ、そうは言っても、
チャートパターンというのは、
確かに有効ではあります。

 

しかしながら、チャートパターンの
本来の力を発揮させるには、

「なぜ、そのパターンが作られるのか?」

ということを
しっかりと理解する必要があります。

 

これによって初めて、
チャートパターンを使った手法が
必勝法となりえるのです。

 

そして、チャートパターンが
作られる仕組みを理解するには、
相場参加者の心理を把握することが重要です。

この心理を把握して、
チャートを見ていけば、
パターンが形成されていく理由を
順序立てて紐解いていくことができます。

 

私自身も、
相場参加者の心理を
理解できるようになって、
チャートが読めるようになったら
検証では使えなかった
ダブルトップ、ボトムが
効果的に使えるようになりました。

 

その為、今では、
ダブルトップ・ボトムの、
右肩でエントリーする方法が、
私の必勝法となっています。

 

例えば、最近では、
下記画像の黄色マルで買って、
水色マルで決済できました。

 

これだけで+50pipsも取れています。

仮に損切りになったとしても、
-10pipsの損切り幅だったので、
リスクリワードも十分でした。

 

“FXでチャートパターンは有効”
と言われていますが、
確かに有効だと私も思います。

ただし、なぜそれが作られるのか?

というのを理解せずに、
形に固執してトレードをすると、
逆に負ける要因にもなります。

 

でも、言い換えれば、
チャートパターンが出来る理由を
しっかり理解しておけば、
それは物凄い武器となり、
必勝の手法へと進化していきます。

 

もし、チャートパターンを
必勝法にできるほど、
チャートが読めるようになりたいなら、
大衆心理を学ぶことをオススメします。

そこで、大衆心理の基礎について
書いた記事があるので、
興味があれば読んでみてください。
FXでも相手の気持ちを考える事が重要です

 

どの場面で出現するかも大事

チャートパターンは
丸暗記をしても意味がなく、
作られる仕組みを理解することで
必勝法として力を発揮します。

更にこの事に加えて
どの場面で出現するかも大事です。

 

例えば、
ダブルトップやダブルボトムは

“高値更新や安値更新を
しようとしたけど失敗した”

という形になっています。

 

その為、これらの形が
天井圏や底値圏で出現すると
買っていた人達や売っていた人達が、

「これ以上、上がらない(下がらない)かも」

と判断して決済をしてくるので、
この心理を利用して
トレードをすると有効なのです。

 

ということは、
これらの形がレンジ相場の真ん中で出ても
そもそも買っている人や
売っている人の数が少ないので
ダブルボトムやダブルトップが
出たからといって
それが機能することは確率的に低いのです。

 

ですから、
チャートパターンを必勝法とするには
全体の流れを見て、
どの場面で出現するかを
確認することが大事なのです。

 

先程チラッとお伝えしましたが、
私がチャートパターンを検証していた時に
全然使えなかったのは

「どの場面で出現するのが効果的なのか?」

といったことを
しっかり考えていなかったのも原因だったのです。

 

まとめ

FXが上手くいっていないと、
なんでその形状ができるのか?
という事を理解せずに、
形だけで判断しやすいんですよね。

だから、チャートパターンを
上手く活用できずに、
逆に負けてしまうんです。

私も思いっきりそれでしたから。

 

ですが、チャートパターンが
できる仕組みをちゃんと理解して、
それを手法に組み込んでいけば、
大きな武器となります。

 

その為、もし、あなたが昔の私のように、
チャートパターンを
上手く活かせないのなら、
大衆心理を使って、
それが形成される理由を把握してあげると、
また一段階レベルが上がって、
必勝の手法が出来上がると思います。

 


P.S. メルマガを始めました

大衆心理を中心に、
FXで勝つ為のコツをお伝えしていきます。

「FX歴が長いけど勝てない」
という方には特におススメです。

FX初心者用のメルマガも用意しているので、
"何から勉強すればわからない"
という場合にもオススメです。

メルマガの詳細内容はコチラ


登録はもちろん無料で、
解除もワンクリックで出来ます。