FXで使う手法は、
色んな種類があって、
その使い方も人によって違うので、
無限に存在しています。

その為、色んな手法を組み合わせて
使おうとする人が多いのですが、
これはあまりやらない方がいいです。

 

私自身も、
FXで使うトレード手法は
複数持っていますが、
それらを組み合わせて、
“1つの手法にする”
ということはしていません。

 

では、なぜ手法は
組み合わせない方が良いのでしょうか?

今回はこのことについて、
私の考えをお伝えしていきます。

 

手法を組み合わせない方がいい理由

FXで使う手法を
組み合わせない方が良い理由に、
使えない手法が
できあがる可能性が高いからです。

 

要するに、
手法を色々と組み合わせてしまうと、
各手法の優位性が打ち消されて
FXで勝てなくなる可能性が
高くなるからです。

 

例えば、
順張り手法と逆張り手法、
この2つの手法を
持っていたとします。

 

そして、

・順張り手法にはMA
・逆張り手法にはRSI

といったテクニカルを使って、
これらの手法単体では、
良い結果が出ているとしましょう。

 

そうなると、

「この2つを組み合わせれば、
更にFXで良い結果が出るのでは?」

なんて思いついて、

“MAがずっと上向きの状態で、
RSIが20以下になったらエントリー”

なんて手法を作ってしまいます。

 

しかし、残念ながら、
この2つを組み合わせた手法が
機能することはありません。

恐らくこの手法だと、
エントリーチャンス自体がないと思います。

 

なぜなら、
MAはトレンド時に使うテクニカルで、
RSIは逆張りに使うテクニカルだからです。

だから、上昇トレンドが出ている場合、
基本的にはRSIの数値は80以上など、
ずっと高いままなので、
エントリーの条件が合わずに、
トレードチャンスが来ないのです。

 

このような感じで、
FXのトレード手法を
変に組み合わせてしまうと、
個々の手法に優位性があったとしても、
それぞれの手法の強みが打ち消されて、
使えない手法になることが多いです。

 

実際に昔の私も、
これと全く同じことをしていました。

テクニカルの意味や使い方を
全く知らなかった為に、
順張り用のテクニカルと、
逆張り用のテクニカルを組み合わせて、
意味不明な手法を作ってました。

 

そしたら案の定、
全然エントリーチャンスがないので、

「この手法使えねー」

なんて言って、すぐに捨てて、
また別の手法探しに迷走していました。

 

エントリーが複雑になってわからなくなる

更に手法を組み合わせる弊害として、
エントリーのパターンがいくつもできて
トレードが複雑になることも起きやすいです。

 

例えば、本来であれば、
順張りでエントリーするところを
間違って逆張りでエントリーして
損をするようなことです。

このようなことが起きると、
手法の優位性も崩れるし、
トレード内容に一貫性が出ないので、
安定した成績が期待できません。

 

そして、

「なぜか上手くいかないなぁ・・・」

なんて感じてしまい、
他の手法探しをすることになります。

関連記事:FXは負けない手法を求め過ぎると失敗しやすくなる

 

過剰な最適化が起きて負けてしまう

手法を色々組み合わせて
過去チャートの値動きに
ぴったり合わせてしまうと、
過剰な最適化が起きて
負けまくる手法が出来上がることが多いです。

 

なぜなら、FXの場合、
過去と同じような動きはしますが、
全く同じ動きはしないからです。

その為、過去の値動きに
ぴったり合わせた手法を作ると、
少しでも過去の値動きと違う動きをしたら、
全く機能しなくなってしまいます。

 

このような点からも、
手法を色々組み合わせたからといって、
勝てる手法ができるわけではないのです。

 

FXはシンプルな手法で十分結果を出せる

FXで使う手法を色々組み合わせると、
逆に負けやすい手法が
できあがる可能性の方が高いです。

それに、FXの場合、
シンプルな手法でも
十分安定した成績を出すことができます。

 

FXで作られるチャートは、
フラクタル構造と言って、
同じような動きを永遠と繰り返しています。

その為、シンプルな手法の方が、
繰り返す動きに合わせて
トレードがしやすくなるので、
再現性が高くなり、
安定したトレードができるようになります。

 

私たちは日常生活の中で

「複雑だとスゴイ」

と感じることが多いです。

 

例えば、

「ケガをすると痛いです」

と表現するだけなのに、
とある人に、

ケガの痛みは、交感神経の緊張と
運動神経を興奮させ、
血管の収縮や
筋肉の緊張を起こします。

その結果、血行が悪くなり、
「痛みを起こす物質」
の発生につながります。

と複雑に表現されたら、

「この人、なんかスゴイ!」

って思っちゃいますよね。

 

このような感覚が
日常生活で存在する事により、
FXで使う手法に関しても、

「複雑にした方が勝てそう」

なんて思ってしまい、
色んなものを組み合わせてしまうのです。

 

ですが、FXの場合は逆で、
シンプルな手法の方が
実は安定した結果が出やすいです。

実際に私が使う手法自体も、
テクニカルは使わずに
ローソク足と水平線だけですから。

 

もし、実際のトレード例を
見てみたい場合は、
以下の記事で紹介しているので
よければ読んでみてください。
FXは簡単な手法で本当に勝てる?リアルな結果をお見せします

 

もし、手法作りに迷走しているなら

もし、手法作りに迷走していて、
色々と組み合わせようとしているなら、
一旦、組み合わせるのは止めましょう。

そして、シンプルな手法を作って、
徹底的に検証をしてみましょう。

 

昔、私が手法作りに迷走していた時も、
色んなものを組み合わせていました。

 

しかし、何をやっても上手くいかなくて、
ある時ふと、

「逆に単純な手法だと本当に勝てないのか?」

なんて疑問を持ったので、
シンプルな手法を適当に作って
検証をしてみました。

 

そしたらなんと、
シンプルな手法でも
月間で+200pipsになるような
ミラクルな結果が出たのです。

 

因みに、その時の手法の内容が、
トレンド中の押し目買いと戻り売りで、

・1時間足のサポレジに来たらエントリー
・利食い:+50pips
・損切り:-25pips

といった内容です。

 

この単純な手法で、
大体勝率が50%ちょいでしたが、
月間トータルで+200pips前後でした。

 

この結果を知った時に初めて、

「手法って色々組み合わせなくても
シンプルなものでも良いのかも・・・」

なんてわかった記憶があります。

 

ですから、もしあなたが今現在、
手法作りに悩んでいるのであれば、
まずはシンプルな手法を作って
それを徹底的に検証してみてください。

もし、検証方法がわからない場合は、
以下の記事を参考にしながら、
検証をしてみてください。
FXで勝てる手法を作れる具体的な検証方法とは?

 

もしくは、

「何を基にして
手法を作ればいいかすらわからない」

といった場合は、
以下の記事を参考にしてみてください。

自分に合った手法を作る為のきっかけを
見つけることができるかもしれません。
FXで自分に合う手法のルール作りはどうやればいい?

 

まとめ

FX歴が長いのに、
なかなか結果が出ないと、
手法作りに迷走して
色んなものを組み合わせて
手法を複雑化する傾向があります。

 

実際に私自身も、
全く同じことをして
かなり苦しんだ経験があります。

ですが、FXの場合、
実はシンプルな手法の方が
安定した結果が出やすいです。

 

その為、もしあなたが、
手法作りに迷走しているなら、
一度、思いっきりシンプルな手法で
検証をしてみてください。

リスクリワードを1:2ぐらいにすれば、
勝率が50%前後になりますが、
トータルでプラスになることを
実感できると思います。

 


P.S. メルマガを始めました

大衆心理を中心に、
FXで勝つ為のコツをお伝えしていきます。

「FX歴が長いけど勝てない」
という方には特におススメです。

FX初心者用のメルマガも用意しているので、
"何から勉強すればわからない"
という場合にもオススメです。

メルマガの詳細内容はコチラ


登録はもちろん無料で、
解除もワンクリックで出来ます。