FX単純手法こそ結果が出やすい”

 

これは私の周りのトレーダー内では、
常識の考えだったりします。

 

FXで結果が出ていない頃って、

「FXで勝つには複雑な手法が必要」

なんて思っちゃうんですよね。

 

私もFXでボロクソに負けている時は、
手法が悪いせいだと思っていて、
とにかく色んなインジを入れまくって、
手法を複雑にしていました。

でも結局、効果はありませんでした(笑)

 

では、いったいなぜ、
FXは単純な手法で
結果が出やすいのでしょうか?

 

単純な手法ほど再現性が高くなる

FXでは、単純な手法が
結果が出やすい理由に
再現性があります。

つまり、単純な手法の方が
トレードに一貫性が出て、
結果が安定しやすいのです。

 

逆に、テクニカルや
インジケーターをいくつも入れると、
エントリーに迷いやすくなるし、
フィルターがいくつも掛かる分、
トレードチャンスも激減します。

それでいて、
フィルターを掛けたからと言って、
勝率100%はありえないので、
手法を複雑にすると、
逆に結果が出にくくなるのです。

 

手法を複雑にすると過剰な最適化が起きる

FXでは過去チャートの動きを基にして
手法を作っていくのが基本ですが、
この時にテクニカルや
インジケーターをいくつも入れて
過去の値動きに合わせすぎると
過剰な最適化が起きて
逆に手法が通用しなくなります。

 

なぜなら、FXのチャートは、
同じような動きを繰り返しますが、
過去とは全く同じ動きにならないからです

その為、
過去の値動きにピッタリ合わせてしまうと、
過去と少し違う動きをしただけで
一気に優位性が崩れて通用しなくなります。

 

FXで使う手法って、テクニカルや
インジケーターの数だけ作れるので、
いくらでも作れます。

そして、これらを組み合わせれば、
無限の手法が出来上がります。

 

だから、いくつも組み合わせれば、

「凄い手法が出来るんじゃないか!?」

なんて考えてしまいがちですが
実は逆効果なのです。

 

更によくあるのが、

「○○工学に基づいたFX手法!」
「100万というデータから、
勝てるポイントだけを抽出!」

なんていうような広告を見かけるのですが、
ああいうのを見ると、

「なんだか凄そう!」

と感じて、つい手を出してしまいます。

私も昔はそうでしたから(笑)

 

でも、このような手法は、
実際にはあまり通用することはなく、
自分で作った単純な手法の方が
実は通用することが多いのです。

 

私が実際に使っている手法も単純

実際に今、私が使っている手法も、
ものすごく単純な手法です。

 

細かいエントリーポイントに関しては、
大衆心理のテクニックを使いますが、
それでもベースは、
単純な押し目買いと戻り売りだけです。

 

以下の画像のような形で
エントリーしていくのが大半です。

 

「いやいや、
そんな単純な手法なわけないでしょ!?」

なんて思うかもしれませんが、
本当にこんな単純な手法なのです(笑)

 

だって、実際の私のチャート画面って、
以下のようになってますから。

 

ラインも1時間足と4時間足を見て、
直近の高安値とネックラインにしか、
基本的には引いていません。

テクニカルやインジケーターは、
何も使っていません。

だから、チャートが見やすくて、
個人的にはお気に入りです。

 

この状態で、全体の流れを見て、
引いたラインまでレートが来たら、
その付近の値動きを細かく見て
押し目買いや戻り売りをしていくだけです。

だから、私の手法って、
ホントに単純なのです。

 

因みに、単純な手法でも
十分な証拠として、
例えば、下記画像で、
押し目買いを狙うとしたら、
どこで買いを狙います?

 

 

恐らく、
このチャートを見た人の大部分が、
以下のような感じでラインを引いて、
買いを狙うと思います。

 

実際に私も、
上記のようにラインを引いて、
押し目買いを狙っていきます。

 

そしてこの後、
どんな動きになったかというと・・

 

思いっきりセオリー通りの動きですよね。

上側のサポートラインで反転して
大きく上昇していっています。

FXなんて、
こんな単純な手法でも十分です。

 

むしろ、誰が見ても、
はっきりと”押し目が買いが入りそう”
という場所だからこそ、
勝率も高く、大きく伸びやすいんです。

変に複雑に考える必要はありません。

 

もちろん、これを逆手に取った
動きが起きることもありますが、
トータルでは普通にプラスになります。

もし、実践例を更に見たい場合は
以下の記事で解説しているので
よければ読んでみてください。
FXは簡単な手法で本当に勝てる?リアルな結果をお見せします

 

FX歴が1年以上あればすでに十分な力がある

上記では、単純な手法でも、
FXでは十分結果が出ると
お伝えしてきました。

このような単純な手法は、
FX歴が1年以上あれば
余裕で作れる手法ですよね。

 

ということは、
FX歴が1年以上ある人というのは、
実はすでにFXで結果を出せる力を
持っていることがほとんどなのです。

 

それでも結果が出ないのは、

・検証不足
・大衆心理が読めない

といったような、
ちょっとした事が足りなくて、
上手く自分の力を手法へ
反映できていないだけなのです。

 

まずはとにかく検証をしよう

FX歴が1年以上ある状態で、
未だに手法に悩んでいるなら、
単純な押し目買いや
戻り売りを狙った手法でいいので、
まずは徹底的に検証をしてみましょう。

手法自体はシンプルであれば、
本当に何でもいいです。

 

例えば、
上昇トレンド中の押し目買いで、

・損切り:-20pips
・利食い:+40pips

といったように、
リスクリワードを1:2にした
手法でも良いです。

 

そして、最低でも、
その手法に対して
100個以上のデータを取ってみましょう。

そうすると、
大体が勝率50%前後になって、
トータルでプラスになるはずです。

 

そしたら、取ったデータに対して、

・勝率
・通貨別収支
・時間帯収支
・曜日別収支

といった、
自分が思いつくものすべてに対して
成績をチェックしていくのです。

 

これによって、
その手法の得意な場面や
苦手な場面がわかり、
これらを調整していくことで、
自分に合った手法ができあがります。

もし、自分に合う手法を作る為に、
基となるものを探しているなら、
以下の記事を参考にしてみてください。
FXで自分に合う手法のルール作りはどうやればいい?

 

もしくは、手法の検証方法自体が
よくわからない場合は、
以下の記事を参考にしてみてください
FXで勝てる手法を作れる具体的な検証方法とは?

 

今ある手法の精度を上げるには?

もし、今使っている手法の
精度を上げたい場合は、
検証をする事に加えて、
大衆心理を取り入れると
精度が上がる確率が高くなるでしょう。

 

大衆心理とは、
チャートから相場参加者の心理を考えて
それをトレードに活かすテクニックです。

 

例えば、

「ライン上で反発するには、
どんな心理によって反発するのか?」

といったことを考えて、
トレードをしていくのです。

 

これを取り入れることで、

「次に相場はどう動きやすいのか?」

というのが予想できるようになるので、
トレード精度の向上につながるわけです。

特にこの考えは、
シンプルな手法であるほど
効果を発揮しやすいです。

 

もし、大衆心理について、
もう少し詳しく知りたい場合は、
以下の記事も読んでみてください。
FXでも相手の気持ちを考える事が重要です

 

まとめ

FXでなかなか結果が出ないと、

「手法をもっと改良しなくては」

なんて思ってしまい、
テクニカルやインジケーターを
色々と付け加えて
手法を複雑にしがちです。

 

しかし、実はこれは逆効果で
手法を複雑にするほど
ドツボにはまって上手くいかなくなります。

 

だから、もしあなたが今現在、
FXで使う手法に悩んでいたり、

「単純な手法じゃ勝てないでしょ」

なんて感じているのであれば、
一度、単純な手法で
検証をしてみてください。

多分、意外に上手く行くと思います^^

 


P.S. メルマガを始めました

大衆心理を中心に、
FXで勝つ為のコツをお伝えしていきます。

「FX歴が長いけど勝てない」
という方には特におススメです。

FX初心者用のメルマガも用意しているので、
"何から勉強すればわからない"
という場合にもオススメです。

メルマガの詳細内容はコチラ


登録はもちろん無料で、
解除もワンクリックで出来ます。